選挙権と被選挙権

2017年6月5日

選挙権と被選挙権

 選挙権のある方は、日本国民で満18歳以上の方です。

 そして、千曲市内に引き続き3ヶ月以上住所がないと、議会議員及び首長の選挙権はありません。

 また、選挙権があっても選挙人名簿に登録されていないと、選挙のときに投票できません。

 

 被選挙権は、日本国民であり、次の要件を満たしていることが必要です。

  ○ 衆議院議員と市町村長は、満25歳以上

  ○ 参議院議員と都道府県知事は、満30歳以上

  ○ 都道府県と市町村の議会の議員は、満25歳以上で、かつ、その選挙の選挙権を有すること

 

選挙人名簿とは

 選挙人名簿は、選挙人の範囲を確定しておくために選挙人を登録しておく名簿です。

 3月、6月、9月、12月に行われる選挙人名簿登録は、「定時登録」といい、登録月の1日現在に登録要件を満たしている方を1日に登録します。

 このほか、選挙の公(告)示日の前日に登録を行う「選挙時登録」があります。

 

選挙人名簿に登録されるためには・・・

・市内に住所を有する満18歳以上の日本国民であること

・住民票が作成された日から引き続き3ヶ月以上、住民基本台帳に登録されていること

・公民権を停止されていないこと

選挙人名簿の抹消

・死亡または日本国籍を失ったとき

・市内に住所を有しなくなった日から4ヶ月を経過したとき

 

関連ワード

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
(更埴庁舎)
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-274-7041