ごみの出し方・分け方

2016年5月2日

 

ごみの出し方や分別の仕方について調べたい項目をクリックしてください。

 

ごみの出し方表紙.jpg

■可燃ごみ
■びん・缶・ペットボトル 

■不燃ごみ・乾電池・蛍光管 

■プラスチック製容器包装 

■紙類・古布 

■粗大ごみ 

■テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン 

■使用済み食用油 

■庭木の剪定枝

  (平成27年3月より一部変更します)

■一時多量ごみ(引越時等)

■Q&A

 

市では収集できないごみ 

危険なもの・処理が困難なもの・産業廃棄物は、市では収集できませんので、購入店などでご相談ください。

危険なごみ 取扱ができないごみの相談窓口

品    目

相談窓口

・農薬のビン ・農業用マルチ JAちくま または 購入店
・注射針などの医療器材 医療機関
・塗料の残っている缶 ・有害な薬品類 購入店 または 専門業者
・プロパンボンベ 購入店
・産業廃棄物 ・建設廃材  許可業者

 

可燃ごみ

 毎週2回収集します。袋へ入れるごみは5kg以下にしてください。可燃ごみ(生ごみ)は「可燃ごみ用袋55ℓ」または「可燃ごみ用袋25ℓ」で出してください。ただし生ごみは重いので水切りを完全にして、できるだけ「可燃ごみ用袋25ℓ」で出してください。 どちらの袋にも氏名欄に世帯主の方の氏名を記入してください。

びん・缶・ペットボトル・スプレー缶

 びん・缶・ペットボトルは資源ごみとして更埴地域・戸倉地域は毎月2回、上山田地域は毎週日曜日に収集します。
 びん・缶は水で洗って収集所の指定のコンテナへ入れてください。びんのキャップは必ずはずしてください。
 ペットボトルはラベル・キャップをそれぞれはずして、水で洗い、かさばらないように踏みつぶして収集所かごへ入れてください。
 スプレー缶・カセットボンベは使いきり、大きな穴を開けてから、赤いコンテナへ出してください。(穴開けは、屋外で行ってください。)

不燃ごみ・乾電池・蛍光管

 びん・缶以外の不燃ごみは毎月1回収集します。袋へ入れるごみは5kg以下にしてください。「不燃ごみ用袋」へ入れて氏名欄に世帯主の方の氏名を記入してから出してください。 

 また「テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコン」以外の使用済み小型家電製品は市で無料回収をおこなっています。

 〔使用済み小型家電の回収について〕 
 乾電池は緑色のコンテナへ出してください。(ボタン電池、小型充電式電池は回収協力店へ持ち込んでください。)
 蛍光管は収集所の回収箱へ出してください。割れてしまったものは「不燃ごみ」として出してください。(蛍光管の見分け方
 ※スプレー缶は、不燃ごみへは絶対に出さないで下さい。収集車両の火災につながり大変危険です。

プラスチック製容器包装

 ペットボトル以外の「プラスチック製容器包装」(カップ麺やシャンプーなどの容器、包装フィルムなど)も資源ごみとして毎週収集しています。汚れを取ってから収集所のかごへ入れてください。

紙類・古布

 新聞・雑誌・チラシ・ダンボール・紙パックと種類別に分けて、ひもで十文字にしばり、更埴地域は毎月第3日曜日(一部の地域は第1日曜日も実施)・戸倉地域は区が定めた日・上山田地域は毎月2回(温泉地区は第1・3日曜日、農村地区は第2・第4日曜日)に各地区の資源ステーションへ出してください。
 封筒などの雑紙は、雑誌として出してください。
 またティッシュの箱、包装紙、紙袋などの「紙製容器包装」も集めていますので、紙袋などに入れて十文字に縛り出してください。

 

 「古布」はこれまで綿100%の布製品のみ収集していましたが、平成28年5月1日より、収集範囲が拡大します。(古布の範囲拡大について

粗大ごみ

 指定袋に入らない大きなごみは、毎月1回行っている粗大ごみ収集の際に出してください。(有料です。)
 また、粗大ごみ処理施設への直接持込や、業者による戸別回収も受け付けています。

〔受付及び問合せ先〕  千曲資源リサイクル事業協同組合
                 Tel026-273-8813  千曲市大字屋代2384-1

テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコン

 これらの家電5品目は「家電リサイクル法」により処理をするため、普通の粗大ごみとは扱いが異なります。いずれかの方法で出してください。
 (1)買い換え時に販売店で引き取ってもらう
 (2)指定引取業者(深澤産業(株) 千曲市大字雨宮2060 電話026-272-2727)へ運ぶ(郵便局でリサイクル券購入が必要)
 (3)粗大ごみ収集の際引き取ってもらう

〔家電リサイクル法について〕

使用済み食用油

 生活排水による河川の汚れを少なくするため家庭の使用済み食用油を更埴地域・上山田地域は月1回、戸倉地域は区の定める日に収集しています。収集所のポリタンクへ入れてください。
 なお収集した油は、石けんにリサイクルされ、更埴庁舎売店で販売しています。
 また、市では廃食用油をはじめとした有機性資源(生ごみ、家畜排せつ物、果樹せん定枝など)を利用したバイオマスタウン構想を策定し、取り組みの一つとして、家庭から排出された廃食用油を燃料化(バイオディーゼル燃料「BDF])し、公用車の燃料などに活用しています。

〔千曲市バイオマスタウン構想〕

庭木の剪定枝

 家庭から出た庭木の剪定枝を収集し、チップとしてリサイクルしています。

  収集可能な枝は長さ180cm以内、幅60cm以内、太さ15cm以内です。ただし、バラ類・竹類・枯れ枝・葉・シュロ・うるし・農業や事業所から出る庭木等は対象外となり、収集できません。

 ご自身で搬入する場合は無料ですが、収集運搬を依頼する場合には運搬料金がかかります。

 詳細は、(社)更埴地域シルバー人材センターまでご連絡ください。

 連絡先  

 更埴地区の方 
(社)更埴地域シルバー人材センター本所 Tel026-272-5630  

 戸倉・上山田地区の方 
(社)更埴地域シルバー人材センター戸倉支所支所 Tel026-276-6680

 

一時多量ごみ(引越時など大量にごみが出た場合)

引越や片づけで大量の可燃ごみ・不燃ごみが出たときは、下記施設へ運んでいただくか、千曲市の廃棄物収集運搬業許可業者などの専門業者へ依頼してください。(下記施設は土・日・祝日・施設の休止日は搬入できません。)

 

○可燃ごみ 葛尾組合ごみ焼却施設(坂城町大字中之条1850)

        Tel0268-82-2349 ※受付時間 平日8時30分~16時30分

○不燃ごみ 葛尾組合不燃ごみ処理施設(千曲市大字上山田3813-100)

        Tel026-275-2349 ※受付時間 平日8時30分~12時、13時~16時

指定袋に入れて搬入した場合は無料ですが、それ以外は以下のとおりです。

 

種類 基本料金 超過料金
可燃ごみ 20kgまで400円 20kgまでごとに400円
不燃ごみ 20kgまで400円 10kgまでごとに200円

 

Q&A

関連ワード

お問い合わせ

廃棄物対策課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1924