介護保険料

2018年4月1日

介護保険の費用の1/2は、介護保険料でまかなわれています。

65歳以上の方の介護保険料の決まり方

 65歳以上の方(以下、「第1号被保険者」といいます。)の介護保険料は、各市町村が介護保険のサービスに必要な費用から算出した「基準額」をもとに、所得に応じた段階により年額保険料を決定しています。

 千曲市の平成30年度から平成32年度の基準額は 月額5,150円 です。

※実際に納めていただく保険料は、年額保険料を年度内の残り納期で割り返し計算します。つきましては、年度途中での65歳到達・転入・所得更生などによっては、実際に納めていただく額が下表の月額平均にならない場合もございますのでご承知おきください。

 

所得段階
対象となる方
保険料の
調整率
年額保険料
(月額平均)

第1段階

・生活保護受給者の方

・老齢福祉年金受給者(※1)で、世帯(※2)全員が市民税非課税の方

・世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額(※3)と前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方

基準額

×0.45

27,810円

(2,317円)

第2段階

世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円を超え、120万円以下の方

基準額

×0.65

40,170円

(3,347円)

第3段階

世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が120万円を超える方

基準額

×0.75

46,350円

(3,862円)

第4段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方

基準額

×0.88

54,384円

(4,532円)

第5段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円を超える方

基準額

×1.00

61,800円

(5,150円)

第6段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円未満の方 

基準額

×1.12

69,216円

(5,768円)

第7段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円以上200万円未満の方

基準額

×1.25

77,250円

(6,437円)

第8段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上400万円未満の方

基準額

×1.50

92,700円

(7,725円)

第9段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が400万円以上600万円未満の方

基準額

×1.75

108,150円

(9,012円)

第10段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が600万円以上の方 

基準額

×2.00

123,600円

(10,300円)

※1 明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方で、一定の要件を満たしている方が受けている年金です。

※2 「世帯」は賦課期日(介護保険料は毎年4月1日ですが、年度途中の資格取得者は取得日となります。)時点での世帯主とすべての世帯員をいいます。

※3 「合計所得金額」とは、「収入(年金・給与・事業など)」から「必要経費」を差し引いた額をいい、配偶者控除や扶養控除、社会保険料控除などは反映されません。

 

基準額の算出方法

市町村で必要な

介護サービスの総額

×

65歳以上の方の

負担分(23%)

÷

市町村に住む65歳

以上の方の人数

介護保険料の

基準額

 

 介護保険料は、介護保険事業計画(しなのの里ゴールドプラン21)の見直しに応じて、3年ごとに設定されます。

 

介護保険料の納め方

 第1号被保険者の介護保険料は、各市町村へ納めていただきます。

 納付方法には『特別徴収』と『普通徴収』がありますが、年金受給額が年額18万円以上の方は原則特別徴収となります。

 

特別徴収

普通徴収

納付方法

年金から天引き

納付書により現金で納付

または口座振替により納付

納付回数

年6回の年金支給の際に

天引き

年12回に分けて

毎月月末(土日祝日の場合は翌平日)までに納付

 

 ※年金受給額が年額18万円以上でも、次のような場合、一時的に普通徴収となります。

  • 年度途中で65歳になった
  • 他の市町村から転入した
  • 年度途中で老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金の受給が始まった
  • 介護保険料が減額となった
  • 年金が一時差し止めになった   など

  

40歳から64歳の方の介護保険料の決まり方と納め方

 40歳から64歳の方の介護保険料は、加入している医療保険者ごとの算定方法により決まります。

 この保険料は、医療保険料と併せて、医療保険者に納めていただくことになります。 

 詳細は、加入している医療保険者にお問い合わせください。

 

介護保険料Q&A 

 Q 65歳になった場合、いつから介護保険料を納めるのですか?

A 65歳になった方の介護保険料は、65歳になった誕生日の前日が属する月の分から納めていただきます。 また、その年度の保険料額は、誕生日前日の属する月分から翌年3月までの月数(月割り)で計算されます。

 保険料の納付書は、おおむね誕生日翌月に送付します。 納期は、納付書発送月から翌年3月までとなります。

※誕生日によっては、誕生月に納付書を送付する場合があります。 納付する回数に違いが生じますが、その年度に納めていただく保険料の総額に違いはありません。

 なお、医療保険者に納める介護保険料は、誕生日の前日の属する月の前月分までで計算されますので、二重払いにはなりません。

 

(例)10月10日で65歳となった場合

・・・その年度に納めていただく保険料の月数は、誕生日の前日が属する月(10月)から翌年の3月までの6か月分となります。

 

(例)10月1日で65歳となった場合

・・・その年度に納めていただく保険料の月数は、誕生日の前日が属する月(9月)から翌年の3月までの7か月分となります。

Q 他の市町村から千曲市に転入した場合の介護保険料はどうなりますか?

A 市町村間で住所を異動した場合の介護保険料は、転出元市町村では転出した月の前月分まで、転入先市町村では転入した月の分からの保険料を、月割りにより、それぞれに納めていただきます。

Q 介護保険料の通知・納付書はいつ届くのですか?

A 介護保険料は前年の所得に応じて決定しますが、年度当初の4月にはまだ前年所得が確定していませんので、保険料の計算は年2回行っています。

 1回目は4月上旬に行いますが、この際は前々年所得を基準にした仮計算で、特別徴収は3回分(4・6・8月天引分)、普通徴収は4回分(4・5・6・7月納期分)の保険料を計算し、それぞれ通知は4月上旬~中旬に送付しております。

 2回目は前年所得が確定してから行い、一年間に納めていただく保険料の所得段階(金額)を決定したのち、そこから仮計算で計算した分を差し引いた額を、残りの納期数で割り計算します。通知は8月上旬~中旬に送付いたします。 

Q 口座振替の手続きはどこでできますか?

A 口座振替依頼の用紙は、市役所各庁舎の介護保険担当課、または税務担当課にございます。 また、市内の各金融機関にもご用意しています。

 口座振替の手続きには振替口座の記入が必要となりますので、口座番号等がわかるものと金融機関の届出印をご用意ください。

お問い合わせ

高齢福祉課
介護保険係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-3587