名月会の部屋

2013年7月30日

名月会スナップ受賞

 

名月会(めいげつかい)について

 名前の由来
名月の里「おばすて」にちなんで
 結成した年
平成8年 「棚田貸します制度」の発足とともに土地改良区の役員(当時)や地元農家などを中心として結成
 会員数
14名(男性12名・女性2名) 
※集落別内訳…八幡8名・羽尾6名 (千曲市内)
 会長
森 正文 (もり まさふみ) さん
 会員平均年齢
約69歳(平成24年3月1日現在)
 主な活動
千曲市「棚田貸します制度」を実施している田の水管理やオーナーへの営農指導などの実践班
 活動資金
棚田管理委託料(千曲市棚田保全推進会議より)
 お問い合わせ
名月会会長  森正文 さん (電話番号 026-276-5932)

  

第2回石井進記念棚田学会賞を受賞しました

  平成18年8月6日(日)棚田学会より、「名勝『姨捨(田毎の月)』棚田の文化的景観を次代に引き継ぐ」業績が評価され、「田毎の月棚田保存同好会」「四十八枚田保存会」と一緒に受賞しました。

棚田学会プレート
表彰状

棚田学会表彰状


 

 

受賞理由

『姨捨(田毎の月)』として由緒ある棚田地域の荒廃化を食い止めるため、オーナー田の維持管理・耕作指導(名月会)、耕作放棄田における耕作体験活動・耕作請負(田毎の月棚田保存同好会)、名勝指定(文化庁)されている棚田の伝統的形態保全活動(四十八枚田保存会)を行い、次代に貴重な文化的景観を継承している。
  また第3回棚田サミット開催地としてその成功に尽力した。なお、「姨捨(田毎の月)の棚田」は棚田百選(農水省)に選ばれている

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

農林課
電話:026-275-1050
ファクシミリ:026-276-0796