棚田貸します制度(オーナー制度)について

2017年9月8日

 

 

写真1-2.jpg特選2-2.jpg 

入選15-2.jpg入選18-2.jpg

 

  平成8年度より、姪石(めいし)地区で棚田の保全、都市と農村の交流を進めるため「棚田貸します制度」(棚田オーナー制度)を実施しています。
  市が特定農地貸付法により棚田を地権者から借り受け、会員募集し、貸し付けをしています。会員は田植え、草刈り、稲刈り、脱穀の各行事に参加し、収穫物(お米)はすべて会員のものになる仕組みです。行事の参加は自由で収穫物のみ受け取るコースもあります。オーナー募集やお申し込み方法などの詳しいことは会員募集をご覧ください。 
  棚田の管理や農作業指導は地元農家でつくる「姨捨棚田名月会」(めいげつかい)により行なわれています。
  当初17組(体験コースのみ)の会員でスタートし、現在は約90組の会員が参加されています。
  棚田で風光明媚なおばすてのお米をつくってみませんか?

 

◆平成29年度 棚田事業の年間予定表はこちら→29年度棚田貸します制度 年間事業計画.pdf(145KB)

 

◆お願い

・ 棚田にはゴミ箱がありませんので、空き缶やペットボトルなどのごみは各自でお持ち帰りください。
・ お手洗いのご利用について、ご不便をおかけいたしますがご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ

農林課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-4579