水洗化にあたって

2017年5月15日

水洗化にあたって

処理区域は早期に水洗化を

下水道が使用できるようになった区域内を「処理区域」といいます。
 処理区域内のし尿浄化槽、台所、洗濯、風呂等の汚水は、できる限り速やかに、また、汲み取りトイレは、3年以内に下水道へ接続することが下水道法により義務づけられています。

合併浄化槽は・・・

 「ウチは合併浄化槽があるから・・・」という方もおります。このような方も、できるだけ早く下水道に接続してください。

排水設備の設置

 台所、洗濯、風呂、水洗トイレなど建物から出る汚水を、速やかに下水道に流す役割を果たす設備を「排水設備」といいます。処理区域内の建物は排水設備を設置し下水道管(公共ます)へ接続すると下水道が使えることになり、快適な生活ができるようになります。(排水設備工事の費用は、使用者の方のご負担になります。)
 なお、雨水については、下水道へ流すことはできません。

除害施設の設置

 工場や営業による排水などで有害物質を含む汚水は、有害な物質を除去するため排水設備にあわせて「除害施設」を設置していただき、一定の排水基準以下の水質にして下水道に流すことになります。

 除害施設の構造、規模等は、市役所上下水道課又は排水設備指定工事店にご相談ください。

排水設備指定工事店

 排水設備工事は、適正に施工されなければなりません。
 このため工事の施工は、排水設備について専門的な技術と知識をもち、市が指定した「下水道排水設備指定工事店」が行うことになります。

 

指定工事店の確認を! 

工事店千曲市の下水道排水設備指定工事店ではない業者と契約し、完了時にトラブルになる事例が発生しています。 

 下水道接続の工事を行うときは、依頼する業者を、最新の指定工事店名簿(市内・市外)で確認するか、上下水道課へお問合せください。

 

お問い合わせ

上下水道課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1921