公共ますが設置されたら

2017年5月15日

トイレの水洗化は3年以内に

排水管設置例

トイレ 下水道が通っていて使用ができる地域を「処理区域」といいます。処理区域の中のお宅は排水整備を設置し、下水道管へ接続すると、快適な水洗トイレが使用できるようになります。
 汲み取り便所は、公共下水道が使用できるようになった日から3年以内に水洗トイレに改造してください。また、公共下水道が使用できるようになった区域内では水洗トイレにしないと家屋の新築等はできません。

 

浄化槽も接続しましょう

浄化槽「うちは浄化槽がついているから・・」という声もあるでしょう。こんな方も、風呂・台所などの汚水と同様に、1年以内に公共下水道に流すようにしてください。浄化槽では、下水道の浄化システムのように万全の処理や水質チェックは望めません。維持管理にかかる手間と費用も大変不経済といえます。

飲食店ではグリーストラップを設置してください

一般家庭に比べ、飲食店では油の使用が多くなるため、グリーストラップ(油脂祖集器)の設置をお願いします。設置しないと下水道管に油が付着し、管がつまる原因となります。また、グリーストラップ内にたまった油類は産業廃棄物となり、許可を得た専門の業者でないと処理できないことになっています。設置後は、定期的な清掃をする維持管理契約も行なっていただきますので、ご理解ください。

お問い合わせ

上下水道課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1921