障害児通園施設利用児療育支援

2017年8月23日

障害児通園施設利用児療育支援とは

 障害児の早期療育の機会を確保するとともに障害児支援の充実を図るために、対象施設を利用する障害児に係る利用者負担を軽減します。

 

障害児通園施設利用児療育支援の対象の世帯は

 児童福祉法に規定する児童発達支援及び医療型児童発達支援を行う施設に通園する就学前の障害児の他に、同一世帯から保育所、幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部に通園等をしている就学前の児童がいる世帯または、児童発達支援及び医療型児童発達支援を行う施設に通園している就学前の障害児が複数いる世帯です。

 

軽減する対象経費や軽減率などは

軽減の対象となる経費や軽減率は下表のとおりです。

軽 減 対 象 経 費

軽減率
同一世帯から2人以上の就学前児童が対象施設又は保育所等に通園等をしている場合、2人目(年長者以外)の対象施設の利用者負担金 50%
同一世帯から2人以上の就学前児童が対象施設又は保育所等に通園等をしている場合、3人目(年長者及び2人目以外)の対象施設の利用者負担金 100%

※支給額は、利用者負担金の月額により算出するものとし、軽減率100%の場合を除き、軽減額に10円未満の端数が生じた場合、10円未満の端数は切り捨てます。

 

障害児通園施設利用児療育支援を受けるには

 軽減を受けようとする保護者は、障害児通所支援サービスの提供を受ける対象施設の長へ、「障害児通園施設利用者負担金軽減申請書(様式第1号)」「委任状(様式第2号)」「住民票の写しなど兄弟姉妹の関係を確認できる書類」「保育所等通園証明書(様式第3号)など兄弟姉妹が他の保育所等に通園等していることが確認できる書類」を提出してください。
 あらかじめ施設に相談のうえ、手続きをすすめてください。

 

障害児通園施設利用者負担金軽減 申請書.pdf(37KB)

障害児通園施設利用者負担金軽減 委任状.pdf(28KB)

障害児通園施設利用者負担金軽減 通園証明書.pdf(24KB)
障害児通園施設利用児療育支援事業 実施計画書(対象施設用).pdf(46KB) 

 

担当窓口

戸倉庁舎 福祉課 障害支援係 (内線6222、6223、6224)

更埴庁舎 福祉支援係 (内線5512)

 

お問い合わせ

福祉課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-0238