千曲市景観計画について

2018年9月7日

策定の経過

 議員提案により従来、更埴地域に適用されていた景観条例(平成18年9月28日施行)を市内全域に拡大するため、新たに「千曲市美しいまちづくり景観条例」を制定し、景観法との調整の上で「千曲市景観計画」を策定することとしました。平成21年3月30日に「千曲市美しいまちづくり景観条例」の一部を施行し、さらに長野県知事の同意を得て、市が景観行政団体となる旨の公示を3月31日に行い、30日以上の周知期間を経て、5月1日に千曲市は景観行政団体に移行しました。

 景観行政団体として「千曲市景観計画」を策定するため、市民の皆様からの意見募集を行った他、6月23日に千曲市景観審議会を、7月13日に都市計画審議会を開催し意見をお聴きしたうえで、平成21年8月1日から景観条例及び景観計画を全面施行しています。なお、景観計画区域は千曲市全域であり、同時に姨捨地区を景観形成重点地区に指定しました。

 

目的

 魅力ある千曲市独自の景観形成に向けて、市民・事業者・行政の役割分担と相互の合意形成の中で、景観の保全、育成、創出を推進するため、千曲市らしい景観形成の道筋となる基本的な施策、方針並びに基準を位置づける景観計画を定めました。

 

位置づけ

 景観条例第1条に掲げる目的を達成すべく、景観法第8条並びに景観条例第6条に規定する景観計画として定めたものです。

 

千曲市景観計画(概要版)(4MB)

千曲市景観計画(12MB)

 

行為届出書

 下記ダウンロードファイル等をご利用いただき、都市計画課窓口に2部提出(正本・副本)してください。

 

景観計画区域内行為

景観形成基準(592KB)

景観計画区域内行為(変更)届出書(107KB) 景観計画区域内行為(変更)届出書(99KB)

 

景観形成重点地区内行為

姨捨地区景観形成基準(295KB)

景観形成重点地区内行為届出書(107KB) 景観形成重点地区内行為届出書(99KB)

 

太陽光発電施設の建設等には一部を除いて届出が必要です!

 太陽光発電施設の急速な導入に伴う景観面の影響を考慮し、長野県景観規則の一部改正に準じ、千曲市景観計画の届出対象行為に太陽光発電施設の建設等を次のとおり追加しました。

 

行為の種類…工作物

工作物の種類…太陽光発電施設

  • 景観形成重点地区(姨捨地区)……築造面積20平方メートルを超えるもの
  • その他地区……………………………築造面積1,000平方メートルを超えるもの
    築造面積…工作物の水平投影面積

 

 平成29年1月1日以後に着手する太陽光発電施設の新設、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕や模様替、色彩の変更について適用します。

 該当する場合は、行為着手の30日前までに届出してください。また、計画中の場合は事前にご相談ください。

 ※太陽光発電施設…一団の土地又は水面に設置されるものであって、建築物の屋根、屋上等に設置するものを除く

 

 

お問い合わせ

都市計画課
電話:026-273-1111