旧街道・蔵のまちエリア

2013年7月30日

旧街道・蔵のまちエリア.jpg

 

旧街道・蔵のまち.gif

 

善光寺道(北国西往還)の宿場町として栄えた稲荷山。

善光寺平最大の宿場町で、明治以降は生糸と絹織物の商いの町として栄えた。

大壁造りの町家や土蔵が建ち並ぶ旧稲荷山宿界隈は、JR篠ノ井線稲荷山駅から徒歩20分ほどに位置する。

 

弘化4(1847)年の善光寺地震では、長野だけではなく稲荷山宿でも大火となった。

この事件を教訓にできあがったのが今に残る防火・耐火に優れた土蔵の町だ。

宿場町として栄えた財力が、こうした町をつくりあげる原動力になったのだろう。

黒い大屋根、白壁の豪壮な町家が当時の富を伝えている。

 

現在も、稲荷山には細い路地や裏道が、土蔵の町家や蔵の間を縫うようにつながる。

漆喰がはがれた土蔵に、子どもの落書きを見つけた。

路地で子どもたちが群れて遊んでいた頃の痕跡なのだろう。

江戸や明治の面影残る町には、昭和の佳き時代の思い出も詰まっていた。

 

稲荷山の土蔵は、壁・粗壁・なまこ壁・腰板張りの壁などの大きな蔵が多く現存している。

善光寺地震による大火があり、その後の江戸時代と明治時代に建てられたものがほとんど。

 

毎年4月上旬に治田(はるた)公園桜まつり、7月第3土・日曜日に稲荷山祇園祭が行われる。

 

【立ち寄りスポット】

 

□ 蔵し館

 幕末から明治期にかけて「商いに国境なし」という「稲荷山魂」を説き生糸輸出の先駆者となった

 「カネヤマ松源製糸」の松林源之助・松林源九郎が築いた「松林邸」を修復・再生したもの。
 主屋は古い町屋の生活空間を再現し、西側二階建て倉庫は「くらしの資料館」として

 稲荷山の生業(なりわい)や生活の様子を物語る民俗的資料を多数展示している。

 特に西側二階建て倉庫の「四神」は必見。

 TEL:026‐272‐2726(蔵し館)

 

□ ふるさと漫画館

 地元出身の政治風刺画の第一人者・近藤日出造氏の作品を展示している。
 TEL:026‐273‐5639(ふるさと漫画館)

 

□ 治田(はるた)公園

 ため池のほとりに治田神社が鎮座する公園。春には枝垂れ桜や染井吉野が咲き誇る。
 TEL:026‐275‐1753(千曲市観光交流課)

 

□ 長雲寺

 元暦年間の開山。本堂・庫裏・阿弥陀堂などを備える。寺宝の木造愛染明王坐像は国の指定文化財に指定。

 

 京都の醍醐寺や仁和寺と縁が深く、国の重要文化財の「愛染明王座像」をはじめ、本尊の「五大明王」など、

 素晴らしい仏像を今に伝えている。

 

 真言宗智山派、稲荷山。寿永三年(1184)開山と伝わる。

 

 本堂・庫裏・阿弥陀堂・愛染明王収蔵庫などを備え、寺宝として国の重要文化財で、

 寛文十三年に京都の仏師、久七作の木造愛染明王坐像がある。

 なお、愛染明王座像参詣希望の方は、収蔵庫が閉じられている場合があるので、

 必ず庫裏(くり)に一声掛けてください。

 本尊は不動明王・降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王の五像(五明王)で、いずれも木造等身大像。

 

 正徳五年(1715)、仁和寺二七代守恕法親王から拝領したといわれてる。

 寺宝の木造愛染明王坐像は重要文化財だが、五大明王も充分その資格を有していたとされている。

 しかし善光寺大地震で本堂が崩落した折に本尊が壊れ、補修したため指定されなかったという説がある。

 

 場所は稲荷山「蔵し館」を目指してください。その北側の道路を入った正面突き当たりに寺はあります。

 付近の街並みはいにしえの風情を残しているので散策にはおすすめ。

 「ガン封じ」の寺としても多くの参詣客を集める。
 なお、市内森にある信濃三十三番札所六番「観龍寺」の朱印所はこの寺です。

 TEL:026‐272‐3730(長雲寺)

 

□ 佐野川温泉竹林の湯

 日公共の日帰り温泉施設。桑原の佐野川に面している。

 

 営業は午前10時から午後9時まで。
 定休日は毎月第2、第4水曜日および12月29日~1月3日の年末年始です。

 

 入浴料は大人250円(中学生以上)、65歳以上の方及び子供は120円、3歳未満は無料。
 (他にお得な回数券の設定あり)
 TEL:026‐272‐6500(竹林の湯)※現在、施設点検・補修のため臨時休館中。

 

□ 大田原マレットパーク

 標高770mに位置し、四阿(あずまや)からは千曲川、千曲市の山々が眺望できる。営業は4~11月まで。
 このパーク内には、マレットゴルフ場4コースの外に、そば打ち技術を長年研鑚してきた地元生活改善グループ

 「やまぶき会」により、大田原産の手打ちそば等を利用者に提供している。

 TEL:026‐272‐8989(大田原マレットパーク)

 

□ 稲荷山祇園祭 

 稲荷山の歴史を物語る稲荷山地区最大のまつり。

 毎年7月の第3土・日に行われるこのまつりは御輿や山車も出て大変賑やか。
 TEL:026‐275‐1753(千曲市観光交流課)

 

お問い合わせ

観光交流課
電話:026-275-1753