野生鳥獣保護管理に関すること

2018年5月29日

野生鳥獣保護に関すること

 山には、様々な生き物が生息しています。庭や畑など、私たちの生活圏においては「有害鳥獣」といわれるものでも、生活圏を分けることにより、お互いの共存が可能となります。

そのために、山に入るときの注意喚起や個体数調整、保護柵や緩衝帯の設置などを進めています。

 

○野生鳥獣は自然のままで、野外で観察することが基本です。

野生鳥獣は、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」で保護されており、許可を受けずに捕獲することはできません。

 

 鳥獣の捕獲(狩猟・わな等)についてはこちらをクリック

 

 狩猟免許試験の日程等については長野県のHPをご覧ください。

 

○許可のない捕獲、飼養、違法に捕獲した野生鳥獣の販売は、鳥獣保護法により罰せられます。

区  分 罰  則
違法な捕獲 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違法に捕獲した野生鳥獣の飼養/販売等のための譲受け・譲渡し等 6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

 ○クマ出没について

 ツキノワグマにご注意ください。

 

クマ出没・目撃マップ.pdf(580KB)

クマ対応マニュアルpdf(205KB)

 

      

クマを発見した場合は、次により連絡をしてください。

 

 □ 連絡先(次のいずれかにお願いします。) 

千曲市役所(農林課)

猟友会事務局(農林課内)

026-273-1111
 

千曲警察署生活安全課

 

110または

026-272-0110

 

 ○イノシシ出没について

 山林や住宅地でイノシシに遭遇したら

 

イノシシ目撃・出没情報.pdf(60KB)

 

 

関連ワード

お問い合わせ

農林課
森林整備係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-4579