「認知症サポーター」になりませんか

2017年9月1日

~千曲市では、認知症になっても誰もが暮らしやすい地域づくりを目指して、 「認知症サポーター」の養成に取り組んでいます~

 〇認知症サポーター養成講座とは  ~認知症を正しく理解していただくために~

・講座の内容は、テキストに基づいてビデオ上映を交えた60分程度です。

・講師が、町内会、学校、商店街、職場、有志の集まりなどに出向いて、認知症についての学習会を行ないます。

・5人以上の方が集まれば開催可能です。 認知症についてよく知りたい、街なかで困っている認知症の人を手助けしたい、という方どなたでも受講できます。

 

〇認知症サポーターの役割とは ~認知症を正しく理解して、認知症の人や家族を見守る応援者です~

・ 認知症サポーターは、何か特別なことをするというものではありません。認知症を正しく理解して、認知症の人や家族を見守る応援者として、自分のできる範囲で活動をします。

・ また、友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症の人や家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの大事な活動です。

 

〇認知症サポーター養成講座の講師とは

・ 講座は、「キャラバン・メイト」と呼ばれる方が講師となります。 キャラバン・メイト養成研修を修了した方が登録されています。

 

〇認知症サポーター養成講座を終了したら

・ 認知症サポーターであることのしるしである、オレンジリング(ブレスレット)をさし上げます。

 

〇認知症サポーター養成講座の申し込み、お問い合わせは

・ 更埴地域包括支援センター(内線 5521)へどうぞ。

関連ワード

お問い合わせ

高齢福祉課
更埴地域包括支援センター
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-272-6302