節電・省エネにご協力を ~家庭でできる省エネのコツ~

2017年6月20日

アロハ.gif

エネルギー消費量が増えています。

電気製品が普及し、さらに大型化・多機能化しています。また、鉄道・バスなどよりもエネルギー消費の大きい自家用車の利用が増えています。

 

電気製品や自家用車は便利な生活を実現してくれる半面、エネルギー消費量を増加させています。

 

家庭の省エネを考えよう

 家庭の省エネは住居の形にもよりますが、エアコンは一年を通して冷房と暖房の両方を使用するとエネルギー消費量が非常に増えます。

 

 また、冷蔵庫は一年中休むことなく、電気を使用しているので使用量の割合が高くなっています。

 

 そこでそれぞれの機器の特性を考えながら上手に省エネ対策すると、省エネ効果を高めるポイントになります。

 

 

夏!省エネにチャレンジしてみましょう

 

どれだけ削減できるかな?

 

こちらでは家庭でできる省エネのコツをご紹介します。

 

妊婦・幼児・高齢者に配慮して無理なくチャレンジしてください。

 

 

 

 

    省エネのコツ 効果 
照明器具 器具の掃除で明るさアップ

照明のかさやカバーが汚れると明るさが低下します。

こまめな掃除を心がけましょう。

 電気冷蔵庫 熱い物は冷ましてから保存

麦茶やカレー、シチューなど、温かいものをそのまま冷蔵庫へ入れていませんか?

庫内の温度が上がり、冷やすのに余分なエネルギーが消費されるのでご注意。

冷蔵庫の中の整理を

ずっと前に食べ残した食品が、冷蔵庫の奥で眠っていませんか?

「とりあえず保存」は、結局食べずに捨てられることが多いようです。

エアコン こまめなお手入れで省エネ

フィルターを月に1回か2回清掃することで、年間で31.95kWhの省エネになり

約860円の節約になります。

お風呂 シャワーは不必要に流したままにしない

1分間のシャワーのお湯は約12リットルです。

シャワーは15分程度なら浴槽よりお湯の量が少なくなるので省エネです。

テレビ つけっぱなしは要注意 !

消すときは電源をOFFに。リモコンは待ち状態でもテレビはエネルギーを消費してしまします。

旅行など、長期不在の時はプラグも抜くようにしましょう。

掃除機 部屋を片付けてから掃除機をかける ほうきやモップを使って、ゴミやほこりを集めて掃除機をかけると、使用時間の短縮ができます。
 自動車    エコドライブを始めよう!

運転マナーに関することは、すべて省エネ行動に通じます。

急発進・急加速は事故のもとであり、エンジンにも負担をかけます。

例)加減速の少ない運転…年間ガソリン29.29リットルの省エネ、約4770円の節約

   早めのアクセルオフ…年間ガソリン18.09リットルの省エネ、約2950円の節約 など

洗濯機  洗剤は適量に

洗剤をたくさん入れても洗浄力が増すわけではありません。

洗剤は不必要に多いとすすぎの水が余分に必要になります。

 洗濯物はまとめ洗いを

少量の洗濯物を毎日洗うよりも、洗濯機の容量に合わせて

選択回数を少なくしたほうが効果的です。 

 

   ※経済産業省資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬」を参考にしました。

 

 

 環境課グリーンカーテンの様子(平成29年6月20日)

 

 グリーンカーテン1.JPG

 

グリーンカーテン2.JPG 

 

このページの上部へ

 

関連ワード

お問い合わせ

環境課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1924