千曲市健康づくり推進協議会

2017年9月1日

設置の主な目的  市民の総合的な健康づくり対策を積極的に推進することに関して審議する。 

 

                                   平成29年度

                                         千曲市健康づくり推進協議会委員名

 

 

 

                            (◎会長 / ○副会長)

 

選出区分

団体等名

氏  名

保健医療関係団体の代表者

千曲医師会

    安里  進

千曲市歯科医師団

前山 安彦

更埴薬剤師会

飯島 美雪

保健衛生関係と組織の代表者

千曲市公民館運営協議会(戸倉公民館)

金井 栄一

千曲市老人クラブ連合会

岡田 洋男

千曲市食生活改善推進協議会

    若林 直美

千曲市健康推進員会

    横嶋とよ美

千曲市国保運営協議会

宮島 倫史

ちくま保育協会 (杭瀬下保育園)

坂井 智子

千曲市立小学校長 (屋代小学校)

河原 才

千曲市立中学校長(戸倉上山田中学校)

山根 義夫

学識経験者

長野保健福祉事務所

中村裕見子

 

公募

 

南澤 初恵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          平成29年度千曲市健康づくり推進協議会 会議概要

 

 

日  時  平成298月 4日(金) 13301500

 

 会  場  千曲市役所 更埴保健センター3階 集団指導室 

 

出席委員  12名(代理主席者含む) 

 

欠席委員  1 

 

事務局   6名 (市長  健康福祉部長   健康推進課長   母子保健係長 

 

健康づくり係長兼精神保健係長  精神保健係主査

 

 

<開会の前に市長より委嘱書の交付>

 

 

 

会議日程 

 

1 開会                                

 

 

2 あいさつ  市長 

 

 

 

3 自己紹介  各委員・事務局 

 

 

   坂田課長 <千曲市健康づくり推進協議会設置要綱第6条より会議が成立していることを報告> 

 

 

 

4 会議事項

 

1)副会長選出

 

     副会長 横嶋 とよ美

 

 

2)平成28年度保健事業報告、平成29年度保健事業進捗状況について

 

 

    事務局から保健事業報告・度保健事業進捗状況を説明 

 

     質問1前立腺がん検診の50歳から64歳までが二桁の受診者なのは毎年のことなのか教えていただきたい。 

 

回答:平成27年度の受診者は、65歳以上が約200名であり、50歳から54歳までは32名、55歳から59歳までが39名、60歳から64歳までが93名で、例年並みの数値です。

 

 

質問2)千曲市の課題について教えて欲しい。 

 

回答:千曲市の健康実態は、メタボ該当者が多く、また、HbA1cが高値で糖尿病の方が多い状況です。そのため、糖尿病等の重症化予防対策として、透析等にならないよう訪問等による保健指導を実施し、食事指導、メタボ改善等の支援をしていきます。千曲市の食品摂取の実態としては、小麦粉、油、塩分、糖分が多いと思われます。その結果、特定健診の結果では、身長と体重のバランスでBMI、腹囲が多いことが19市と比較してワースト2位、中性脂肪、血糖値が高いことがワースト4位という状況になっています。(千曲市健康づくり計画概要版より)

 

 (3)「健康(ヘルス)アップ千曲21(第二次)」中間評価について 

 

 

事務局から健康(ヘルス)アップ千曲21(第二次)中間評価業務年間計画を説明

 

 

意見1)高齢化社会での健康寿命の延伸において、高齢者への健康が重要になってくるが、「健康(ヘルス)アップ千曲21(第二次)」では高齢者の痩せや低栄養、低蛋白、フレイル等がないため、次の段階では新しくあげていただきたい。また、若い世代の健康意識が欠けており、食に対する意識も低い。この世代に健康意識を高めてもらうため、若者の健診を無料にする等もひとつの方法だと思う。

 

 

意見2)高齢者の問題としてサイコぺニア(筋力が落ちる状態)、また、フレイルも予防していくよう言われている。メタボリックシンドロームと同様、市民に広報活動してほしい。また、若者に対する健康教育は大切なことから、メタボリックを予防する意味でも健康教育に力を入れていただきたい。

 

  

 

報告1)将来的な胃がんリスク減少のため、高校生、中学生への胃がん検診を行う等、新しい試みを考えていただきたい。

 

 

5 その他  

 

  (1)あん姫いきいき体操     

 

     提案1)千曲市職員もあん姫いきいき体操をみんなで実施しPRしていただければと思う。また、ケーブルテレビで毎日同じ時間に流してPRしていただきたい。 

 

      回答:職員の体操実施については、窓口対応もあるため検討させていただきたい。

 

6 閉会                         

 

        

          

  

                                          

 

 

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
保健センター
電話:273-1111