沢山川における河川監視システム情報の提供は終了しました。

2018年4月6日

沢山川における河川監視システム情報について(終了)

 国立研究開発法人情報通信研究機構(以下NICTという)と千曲市で実施した、「沢山川におけるICT(情報通信技術)を利用した河川水害対策の実証実験」は平成30年3月31日に終了しました。

 実証実験の終了に伴い、ホームページで公開していました「沢山川における河川監視システム情報」の提供を終了します。

 

 

 今後は、「国土交通省 川の防災情報」、「長野県 河川砂防情報ステーション」をご覧ください。

 

 ○国土交通省 川の防災情報(外部リンク)

 

 ○長野県 河川砂防情報ステーション(外部リンク)

 

 実証実験概要(終了)

 平成26年6月16日にNICTと千曲市で「ICT(情報通信技術)を利用した河川水害対策における協力に関する協定」を締結し、ICTを利用した河川水害対策をNICTが沢山川で実証実験として行いました。

 本実証実験は、沢山川流域の雨量及び沢山川に流れる水路の水位等の現地の情報を、NICTが設置した実験設備であるセンサー・無線ネットワークを経由して千曲市役所内部のサーバーに収集し、今後の推移予測等の処理を行い、それを用いて迅速な対応を取ることを目的として行いました。

 

 

 センサー設置箇所

※実証実験において設置した河川水位センサーは、NICTより千曲市に譲渡され、今後も河川の水位監視に活用します。 

 

河川水位センサー:鳴海排水機場、起返排水機場、雨宮排水機場、五十里排水機場、大堰排水機場、生萱排水機場

 

 

お問い合わせ

総合政策課
政策推進係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-8787