「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」の添付について

2015年9月15日

 国民年金保険料を年末調整や所得の申告をする際に『社会保険料(国民年金保険料)控除証明書』または『国民年金保険料領収証書』の添付が必要となります。
 今まで、年末調整や所得の申告をする際に、納めた国民年金保険料額を証明する書類の添付は必要ありませんでしたが、平成17年分からは証明書類の添付が義務付けられています。そのため、毎年11月初旬に日本年金機構から、『社会保険料(国民年金保険料)控除証明書』(以下、証明書)が送付されます。
 証明内容は、1月から9月までに納付された国民年金保険料額と、年内に納付が見込まれる額です。年末調整や所得の申告をする際は、必ずこの証明書か『国民年金保険料領収証書』(以下、領収証書)が必要となりますので、申告まで大切に保管してください。
 ご家族の保険料を納付した場合は、ご家族分の証明書も必要になります。
 なお、証明書の証明日から年末までの間に、証明書に印字されている月分以外の保険料を納めた場合は、証明書と領収証書をあわせて添付してください。
 また、10月以降に初めて保険料を納める方については、翌年2月初旬に証明書が送付されます。

 

お問い合わせ

 日本年金機構 長野南年金事務所
 TEL 026-227-1284

 

 日本年金機構のホームページはこちらをご覧ください。

関連ワード

お問い合わせ

市民課
年金係
電話:026-273-1111