自分のマイナンバー(個人番号)を取り扱う際に気を付けることは何ですか?

2016年11月24日

マイナンバー 質問・回答  

内閣官房 よくある質問(FAQ

 

 

問 自分のマイナンバー(個人番号)を取り扱う際に気を付けることは何ですか?

  マイナンバーは、生涯にわたって利用する番号なので、忘失したり、漏えいしたりしないように大切に保管してください。法律や条例で決められている社会保障、税、災害対策の手続きで行政機関や勤務先などに提示する以外は、むやみにマイナンバーを他人に教えないようにしてください。他の手続きのパスワードなどにマイナンバーを使うことも避けてください。(内閣官房HP よくある質問から)

 

 たいせつに.jpg

 

問 マイナンバーも漏えいする場合があるのではないですか?

 

 答 マイナンバーでは、制度・システムの両面からさまざまな安全管理対策を講じます。加えて、マイナンバーの取扱いに関する監視監督は、第三者委員会である特定個人情報保護委員会が行います。故意にマイナンバー付きの個人情報ファイルを提供した場合などには厳しい罰則も適用されます。(内閣官房HP よくある質問から)

 

 

情報懸念題.jpg

 

 

問 個人情報管理や亡失等の不安が残っています。マイナンバー(個人番号)カードの申請はどうしたらいいですか?

 

 答 個人番号に対する懸念への対応やカードの自己管理については、国では上記「自分のマイナンバー(個人番号)を取り扱う際に気を付けることは何ですか?」や「マイナンバーも漏えいする場合があるのではないですか?」で回答しています。マイナンバー(個人番号)カードの申請は任意ですので、不安があれば申請しないことも選択できます。国のマイナンバー関連のホームページを閲覧したり、下記のコールセンターに照会するなどして、最終的に自らの判断で申請するか、しないかを決めてください。

 

 

マイナンバー、通知カード、マイナンバー(個人番号)カードに関するお問い合わせ先は

 

こちらに掲載しています。

 

 

 

 

お問い合わせ

市民課
電話:273-1111