社会資本総合整備計画について

2018年7月31日

社会資本整備総合交付金について

 国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金等を一つの交付金に原則一括し、事業主体である地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫が生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援するものとなっています。(国土交通省のHPはこちら

 

社会資本総合整備計画について

 社会資本整備総合交付金を活用し事業を実施するには、地域が抱える政策諸課題を、事業主体である地方公共団体が自ら抽出し、3~5年の期間において、実現しようとする目標や、課題の解決のために行う事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成する必要があります。

 現在、千曲市が策定し、申請している社会資本総合整備計画は以下の通りです。

 

杭瀬下地区都市再生整備計画

 人口減少社会に対応すべくコンパクトシティ・プラス・ネットワークにより、「人・物・金・情報」が集まる機能的で効率的な持続可能なまちの礎を創造するため、平成28年度~30年度において杭瀬下地区に関する都市再生整備計画を策定し、各種事業に取り組みます。

 

  事前評価チェックシート.pdf(83KB) 

  都市再生整備計画(杭瀬下地区)H28~H30.pdf(4MB)

  杭瀬下地区(第1回変更)(長野県千曲市).pdf(5MB)

お問い合わせ

都市計画課
計画係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1921