「認知症支え愛便利帳(千曲市認知症ケアパス)」を作成しました

2016年9月23日

 

 認知症とは、様々な原因で脳の細胞がこわれたり、働きが悪くなったりすることで、記憶力や判断能力に障害がおこり、日常生活に支障が出ている状態を示します。

 認知症は誰もが発症する可能性がある病気です。また、あなたの身近な方が認知症になるかもしれません。

 

 認知症支え愛便利帳は「どこへ相談したらいいか」「どんな支援があるのか」等、認知症の進行状況に合わせて利用できる介護サービスやその他の支援の情報をまとめたものです。

 なお、9~10ページには早期発見の目安が掲載されており、日常の暮らしの中で、認知症ではないかと思われる言動や行動などをまとめてあるので、ぜひご活用ください。

 

 認知症支え愛便利帳は以下の場所で配布しています。

 ・市役所 更埴庁舎 更埴地域包括支援センター

 ・市役所 戸倉庁舎 高齢福祉課

 ・千曲市社会福祉協議会 戸倉上山田地域包括支援センター

 

    以下から、プリントアウトもできますのでご活用ください。 

認知症支え愛便利帳(903KB)

 

また心配なこと等がありましたら、かかりつけ医や地域包括支援センターへご相談ください。

お問い合わせ

高齢福祉課
更埴地域包括支援センター
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-272-6302