平成30年度「棚田貸します制度」会員募集

2018年1月31日

 平成30年度「棚田貸します制度」会員募集

◆会員の募集について

今年は、棚田100選にからめ、体験コース75組、保全コース25組を募集します(継続を含む)。

ご希望の方は下記の内容に沿って応募してください。大勢の皆様のお申し込みをお待ちしています。

 

◆はじめに

 ~きれいな水と善光寺平を一望する姨捨の棚田で収穫の喜びを体験しよう!~

 古くから「名月の里」として知られ、重要文化的景観に選定された「姨捨の棚田」  を守るため、一緒に農作業をしてみませんか?市では、30年度の棚田オーナー会員を募集します!

 きれいな空気と大池の湧水を使っての米の栽培、農作業後の棚田に広がる景観と、「姨捨棚田名月会」の皆様との交流等体験いただけます。(姨捨棚田名月会「棚田貸します制度」保全活動実働班)

 愛情を込めて育てたお米の味は格別です!

◆コースの紹介

  自分の田を管理し、田植えから脱穀までの農作業を行う「体験コース」、農作業は自由参加で棚田保全活動の支援を行っていただく「保全コース」があります。
  また、両コースともに1年コース、3年コースが選択できます。

 
体験コース
保全コース
区画面積
概ね100平方メートルです。 田の形状がそれぞれ違うため前後します。
1組で1~2枚の田を管理していただく場合があります。
会員専用の区画はありません。
会員料金
1平方メートルあたり300円×区画面積です。
概ね30,000円~40,000円です。
一律30,000円
収穫したお米
お持ち帰りいただきます。 
1区画100平方メートル(約30坪)当たりの収穫高は玄米約50kg程度です。
※収穫高はあくまで目安です。
玄米20kgをお送りします。
農作業の参加
田植え、草刈り、稲刈り(はぜかけ)、脱穀作業は必ずご参加ください。
 
農作業経験の有無は問いません。
参加は不要ですが、希望があれば田植え・稲刈りのみ参加できます。
参加形態
作業への参加人数は2名以上でお願いします。
学校等で参加される場合は個別に協議いたします。
1名から参加できます。
作付けの種類
うるち米またはもち米から1種類
うるち米のみとなります。

◆その他 

Q.(質問)
 オーナーではありませんが、田植え・稲刈りなど農作業に飛び入り参加はできますか?
A.(答え)
田植え・稲刈りなど農作業の参加はオーナーの方に限らせていただきます。
農作業の見学、写真撮影などは可能ですが、当日飛び入りでの農作業の参加はお断りしています。
Q.(質問)
「棚田貸します制度」に興味があります。もっと詳しいことを知りたいですが、どうすれば?
A.(答え)
よくある質問をご覧下さい。

.

◆棚田耕作の1年のながれ 

 
 4月14日
畔の草刈り
田の耕耘
苗作り
しろかき(2回)
現地説明会
  5月
 
6月2日
水管理
(稲刈り終了まで)
田植え
  7月
田の中の草取り
 

畔の草刈り
 
  8月
9月29日
 
稲刈・はぜかけ
10月13日
わら処理
脱穀
 
11
秋耕耘
申込期間
12
 
  1月
畔修繕
水路修繕
春耕耘
会員決定
  2月
通知発送
  3月
心の準備をお願いします
田の中の草取り、畔草刈りは毎月1回は行ってください。

※詳細は後日掲載いたします。

◆平成30年度 会員の応募方法について

募集期間
平成29年11月20日(月)~平成30年2月28日(水) 当日消印有効
募集組数
・体験コース  75組
・保全コース  25組 ※応募者多数の場合は抽選となります。
応募資格 
周りの人にも田んぼにも思いやりが持てる人。
棚田の景観を守るため、特に、草刈り・草取り作業をがんばれる人。
応募方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはFAXでお申し込み下さい。 
募集要項
 
 
 
応募用紙
契約期間
体験コース・保全コース共に1年コースと3年コースの選択ができます。
・1年コース オーナー決定後~平成30年11月まで
・3年コース オーナー決定後~平成32年11月まで
オーナーの決定
平成30年3月下旬頃までに可否の通知を応募者に送付します。
アクセス 
お問い合わせ
〒389-0897
長野県千曲市上山田温泉四丁目15番地1 
千曲市経済部農林課 農業振興係 
TEL : 026-273-1111 (代) (内線 7271)
FAX : 026-275-4579 (直通)
メールアドレス : nousin@city.chikuma.nagano.jp 

 

関連ワード

お問い合わせ

農林課
農業振興係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-4579