春の山火事予防運動

2017年3月1日

3月1日から5月31日までは、山火事予防運動実施期間です。

 

4月は、野外での作業に適したシーズンに入り、山林への人の出入りが多くなる時期と重なることもあり、年間の山火事発生件数の半分以上が集中しています。

 

山火事の原因は、人の不注意などによるものがほとんどです。近年、家の庭先や田畑の周りでのたき火から山林に燃え広がる事例などが多くなっています。社会共通の財産である緑の森林を守るため、特に以下のようなことに注意し、山火事予防を心がけましょう。

 

1 枯れ草等の近くなど、周囲に燃え広がる恐れのある場所でたき火等をしない

2 風の強い時や空気が乾燥している時は、特に火の取扱いに十分注意し、たき火をしない

3 火気の使用中はその場を離れず、使用後は確実に消火する

4 たばこの吸い殻は必ず火が消えたことを確認し、投げ捨てない

5 薪ストーブなどの灰は、消火を確認してから処分する

6 火遊びはしない、させない

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林課
森林整備係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-275-4579