平成29年度「認定米」及び「認定米販売事業者」の認定申請の募集について

2017年5月12日

長野県の農産物やその加工品のうち、特に味と品質が優れたものを認定するこの制度。「米」については、農薬と科学肥料の使用を厳しく制限し、さらに米の食味の専門家による官能検査に合格したものだけを認定しています。

また、「認定米」の申請については、水稲生産者、「認定販売事業者」の申請については、米穀販売事業者がそれぞれ対象となっております。

 

認定米のメリット

 

(1)申請すると・・・

・申請米の品質審査や食味審査などの分析結果が手に入り、品質、食味の向上に役立てることができます。

 

(2)認定を受けると・・・

・商品も認定マークを付け、品質の高さを消費者にアピールできます。

・県のホームページやイベント出展を通じて、認定米がPRされます。

「お米」の認定基準 

栽培地:長野県内で、同一水系、同一土壌であること。ほ場面積50a以上

農薬制限:使用する科学合成農薬の回数(成分数)が慣行施用の50%以内

化学肥料制限:科学肥料による本田への窒素施用量が慣行施用量の50%以内

官能審査:食味等の審査の合格すること

※このほか、全部で14項目の認定基準があります。

平成29年産米の申請を受付中です。(平成29年6月2日(金)まで)

受付窓口 申請者の住所を管轄する地域振興局農政課

それぞれの申請様式及び要綱等につきましては、下記長野県ホームページをご確認ください。

 

平成29年産米「認定米」の申請等について(長野県ホームページ)

 

「認定米販売事業者」の申請等について(長野県ホームページ)

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林課
農業振興係 
電話:026-273-1111