平成29年就業構造基本調査

2017年8月18日

平成29年就業構造基本調査が実施されます!

総務省統計局では平成29年10月1日現在で、就業構造基本調査を実施します。

 この調査の準備のため9月から調査員がみなさまのお宅にお伺いしますので、ご協力をよろしくお願いします。

 

 就業構造基本調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施する調査です。ふだん仕事をしているかどうか、就業に関する希望や就業異動、育児・介護の有無などについて調査を行い、正規・非正規の就業状況の違い、高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにします。

 この調査は、昭和31年に開始されて以来昭和57年までおおむね3年ごと、昭和57年以降は5年ごとに行われており、今回の調査は17回目になります。
 
なお、調査への回答内容を統計作成の目的以外に使用することは絶対にありません。

 

 リンクバナー大                                           

  調査の対象 

  全国から無作為に選ばれた約52万世帯の15歳以上の世帯員約108万人が対象となります。

千曲市では、大字寂蒔、大字新田、大字杭瀬下、大字屋代、大字土口、大字森、大字桑原、大字野高場、大字八幡、大字戸倉、大字羽尾、大字上徳間、大字小船山、大字上山田、上山田温泉三丁目の一部が調査対象です。

 

 調査事項

  主な調査事項は次のとおりです。
 【すべての人について】
  男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
 【ふだん仕事をしてる人について】
  雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など
 【ふだん仕事をしていない人について】
  就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

 

 調査の方法

 長野県知事に任命された調査員が、調査地域の全世帯を訪問した後、定められた方法で選ばれた世帯に調査票を配布し、

後日回収します。スマートフォンやパソコンを使って簡単に回答することもできます。

 

 

 

 

インターネット回答

 

 

  個人情報は保護されます

 

  就業構造基本調査の調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されています。

  インターネット上の送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、SSL/TLSによる暗号化通信を行っています。

  

 

平成29年就業構造基本調査の結果は、平成30年7月以降順次、統計局ホームページへの掲載や報告書などの刊行により公表されます。 

 

 

お問い合わせ

総合政策課
政策推進係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-8787