2017年12月のちくまトピックス

2017年12月11日

12月8日(金) 「よいしょ」と元気に掛け声 園児たちが餅つき

171208餅つき.jpg171208餅つき2.jpg

 

 年の瀬を前に、満照寺保育園(小島)で餅つきが行なわれ、園児55人と先生、保護者が一緒に餅つきを楽しみました。
水上和子園長から、餅つきや餅を食べる意味合いを聞いた園児たちは、お揃いの法被と豆絞りを身につけ、餅つきに挑戦しました。園児たちは、先生に手伝ってもらいながら、重い杵を持ち上げ「よいしょ、よいしょ」と声をかけあい、交代で餅をつきました。小坂龍太朗くん(5歳)は「力いっぱいお餅をついて楽しかった。お餅のおいしそうなにおいがした」と笑顔をみせていました。
餅つきのあとに、園児たちは、つきたての餅にきな粉をまぶして食べました。宮坂くるみちゃん(6歳)は「きな粉がおいしかった。おかわりしたい」と餅をあっという間に平らげていました。

 

 

 

 

 

12月7日(木) 信州ブランドアワード2017受賞者が表敬訪問

HPIMG_6612.jpgHPIMG_6606.jpg

▲写真中央:中曽根健さん、写真右:佐藤基さん

 

 県内の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード2017」の長野県知事賞に「姨捨の棚田」、個別ブランド部門賞に「コサージュシリーズ」が選ばれたことを岡田市長に報告するため、千曲市棚田保全推進会議会長の佐藤基さん(上山田温泉)と株式会社ナカソネリシアンサス代表取締役の中曽根健さん(力石)が、更埴庁舎市長室を訪れました。

 「信州ブランドアワード」は、長野県のブランド価値を底上げしようと2004年から始まり、「志向性」「表現性」「情報伝達性」「地域性」「継続・発展性」の5つの指標でブランドを選考します。「姨捨の棚田」は、善光寺平が一望できる県内でも重要な観光資源であるとともに、「棚田貸します制度」により棚田の保全だけでなく農村と都市の交流を実現している公益性が評価されました。また「コサージュシリーズ」は、一次産業におけるブランド育成の参考になる手法が評価されました。

 佐藤さんは「姨捨の棚田が荒廃農地にならないよう、この受賞を励みに今後も頑張っていきたい」、中曽根さんは「(コサージュシリーズの)ブランド化をもっと進めていきたい」と今後の目標を話しました。

 

 

 

 

12月7日(木) 県中学駅伝  戸倉上山田中の生徒が優勝を報告

171207戸上中1.jpg171207戸上中2.jpg

 

 11月3日に松本市で開催された第28回県中学駅伝で、戸倉上山田中(男子)が6年ぶり2度目の優勝を果たしました。
大会は、96校が出場。18キロ、6区間を走り、川中島中、赤穂中など強豪校との接戦の末、2位とは7秒差の勝利でした。
この日、選手たちは更埴庁舎を訪れ、岡田市長に優勝を報告。岡田市長は「強豪校が多い中、優勝はみんなが力を合わせた結果だと思います。全国大会では悔いのないように頑張ってください」と激励しました。
部長の山岸洸さんは、岡田市長から、走っているときは何を考えているのかと聞かれると、「県中駅伝では、次の区間の人のために、みんなのためにという気持ちを持って走っています」と答えていました。選手たちは、決意表明で「全国大会で優勝を目指したい」と力強く話してくれました。
全国大会(全中駅伝)は12月17日に滋賀県で行なわれます。


●山岸 洸さん(3年生・部長)
自分たちは全国で優勝することを目標として、この1年間練習に励んできました。
県中駅伝までは、自信がない面もありましたが、チーム全員が同じ目標を持つことで団結して優勝することができました。
全中駅伝では、課題を克服できるような走りをして、目標としてきた全国優勝を達成できるようにチーム全員で優勝を目指したいです。


●真柳 則希さん(3年生・キャプテン)
北信越駅伝では、全員が自信を持って走ることができなかったと思います。
全中駅伝では、全員で自信を持ってしっかり走って、目標の全中駅伝優勝を果たして帰ってきたいと思います。

 

●中村 春稀さん(3年生)
1年生の頃から、全中駅伝に1回でも行ってみたくて、ずっと全中駅伝を目指して練習してきました。時には故障をして、もう練習をやりたくないと思うときもありましたが、3年生になって、本気で全中駅伝に出場したいという気持ちが強くなってチームで協力して、全中駅伝を目指してきました。
全中駅伝では、周りで支えてくださった方々に恩返しできる走りをしてきたいです。


●依田 健汰さん(3年生)
県中駅伝では、自分が思っている走りができませんでした。
チームが1つになってチーム全員が同じ方向を向くことができたので、県中駅伝で優勝することができました。
全中駅伝では、県中駅伝と同じように自分たちを支えてきてくださった地域の方などに感謝の気持ちを持って、全中駅伝で優勝したいです。

 

●古旗 朝輝さん(3年生)
県中駅伝では1区を走り、とても緊張しました。順位は4位で、次の区間に不安や心配を残す結果となってしまいました。
それでも、チームのみんなが全力で走ってくれて優勝することができました。
全中駅伝では、自信を持てるような走りをして次の区間に襷を渡したいと思います。

 

●竹内 朝輝さん(1年生)
1年生になってから陸上部に入り、全国大会に行くという気持ちを持ってやってきました。県中駅伝ではサポートをやりました。サポートでも緊張して、不安もありましたが、ちょっとでも、みんなをサポートをしたいという気持ちでした。
全中駅伝では、感謝の気持ちを持ってみんなの目標、優勝という結果を出したいと思います。

 

●和田 瑛登さん(1年生)
県中駅伝を走ってみて、他の区間が全員3年生だったので、とても緊張しました。
でも、このチームなら、優勝できると信じて走り、県中駅伝では優勝することができました。
全中駅伝では、今まで支えてくださった方に恩返しできるような走りをしてきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

12月6日(水) 坊っちゃん文学賞ショートショート部門「大賞」の塚田浩司さんが表敬訪問

HPIMG_6568.jpgHPIMG_6559.jpg

 

 塚田浩司さん(屋代)が、青春文学作品に贈る第15回「坊っちゃん文学賞」のショートショート部門で大賞を受賞したことを岡田市長に報告するため、更埴庁舎市長室を訪れました。坊っちゃん文学賞は、愛媛県松山市が市政100周年を機に創設した公募形式による文学賞であり、青春文学の登竜門として知られています。ショートショート部門は、平成29年が正岡子規・夏目漱石生誕150年を迎えることを記念して新設され、国内外から1087作品の応募がありました。

 塚田さんは2016年1月から小説を書き始め、これまでに約50のショートショート作品(1作品、原稿用紙15枚)を執筆してきました。大賞作品「オトナバー」は、大人も子どもも悩みの内容は一緒ではないかという考えから生まれたものです。普段は市内の料理店を経営している塚田さんは「料理をつくるのも、小説を書くのも一緒です。お客さんが、どうしたら喜んでくれるのか、楽しんでくれるのかを常に考えています」と話し、今後について「本を出すことが目標です」と抱負を語ってくれました。

 

 

 

 

12月1日(金) 年末特別警戒の地域安全パトロール出発式

HPIMG_6500.jpgHPIMG_6476.jpg

 

 千曲警察署は、年末の特別警戒と交通安全運動初日に、同署内で地域安全パトロール出発式を行ないました。大みそかまでの期間中、広報啓発活動を実施するほか、街頭警戒活動を強化します。

 出発式には、署員や防犯協会関係者、杭瀬下保育園児ら約100人が参加しました。更埴防犯協会連合会長の岡田市長は「特殊詐欺の被害が発生しているので、年末にかけて警戒しないといけない」と強調。高橋署長は「地域の方が、安心をして新しい年を迎えられる地域活動を行ないます」と意気込みました。

 その後、杭瀬下保育園児らによる年末特別警戒のスローガンの発表があり、参加者全員でパトロールに向かうパトカーを見送りました。

 

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1001