平成30年住宅・土地統計調査単位区設定実施のお知らせ

2017年12月28日

 平成30年住宅・土地統計調査の単位区設定が実施されます!

 総務省統計局では、平成30年2月1日を設定期日として平成30年住宅・土地統計調査へ向けた単位区設定を実施します。

単位区設定とは、平成30年10月に全国一斉に実施される平成30年住宅・土地統計調査に先立って、調査員が担当する調査区域を明確にし、10月の調査の円滑な実施と結果精度の向上を図るための準備事務です。

 単位区設定の地域 

 平成27年国勢調査調査区にうち総務大臣に指定された市内140調査区 

 

単位区の設定作業

長野県知事に任命された指導員が、担当調査区内を実地に巡回して、調査区の境界の確認や住宅及び住宅以外で人が居住している建物を目視により漏れなく把握し、単位区設定図を作成します。平成29年12月下旬から指導員が順次巡回しています。 

 

※今回、市民のみなさまへの訪問や調査票ご記入の負担はございませんが、指導員が外観だけでは確認が困難な建物や空き家などについては、お話しを伺う場合がありますので、ご理解ご協力をお願いします。 

ご注意ください

今回の単位区設定では、金銭に関することなどを尋ねることはありません。統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください。指導員は調査活動中には必ず指導員証を携帯しています。

 

                                                       

                                                                            住宅・土地統計調査について詳しくは、統計局ホームページまで。 

 

 

お問い合わせ

総合政策課
政策推進係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-8787