屋代地区の一部を「ゾーン30」地区に指定

2018年6月19日

新たに屋代地区の一部を「ゾーン30」地区に指定しました!

 

「ゾーン30」とは

 

生活道路での歩行者などの安全な通行を確保することを目的として、警察庁が全国的に設置を促進している交通安全施策です。

区域(ゾーン)内の自動車など最高速度を時速30キロに規制し、速度抑制や、抜け道として通行する行為の抑制を図ります。

 

屋代地区の一部を指定

 

屋代地区の県道白石千曲線・国道403号・国道18号で囲まれた区域が「ゾーン30」地区に指定されました。

この地域は、小学校、高校などあるため歩行者が多数通行し、国道18号をはじめとする周辺道路は非常に交通量が多い地域です。

さらに、抜け道として侵入してくる車両も多く重大事故の発生が懸念されていました。

この区域を「ゾーン30」に指定することで、地区全体の交通事故防止と交通弱者の保護を図っていきます。

市内では、平成25年度に指定された埴生地区、戸倉地区に続き、3か所目の指定になります。

今回指定された屋代地区の位置図

屋代位置図.jpg(482KB)

お問い合わせ

生活安全課
市民生活係
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-8400