平成30年度 ふれあいセミナー・フェスティバル

2018年7月10日

人権ふれあいセンターは、地域社会の福祉を増進し、住民の生活改善及び向上を図るための住民交流の拠点施設です。 

人権啓発事業等を通して、地域住民がお互いに助け合い、一人ひとりが持つ多様性を理解しあい、お互いの人権を尊重しあう「共生の心」が醸成されるよう努めています。 

平成30年度も人権ふれあいセンターでは、市民の皆さんを対象に人権に関するセミナーやイベントを計画しています。 

申し込みは不要です。直接人権ふれあいセンターへおいでください。

大勢の皆さんの参加をお待ちしています。

 

平成30年度 人権ふれあいセンター自主事業   

 

ふれあいセミナー 

 

 第2回  「笑顔あふれる 町づくりをめざして」   参加者27名

7月6日(金)午後7時30分~9時  講師 橋詰 邦男さん(児童養護施設 恵愛 施設長)   

 

「かわいがられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じることを おぼえる」 

 

2回目のふれあいセミナーは、雨の夜になってしまいましたが、約30名近くの市民の皆さんにお集まりいただきました。 

昨年、稲荷山に開所した児童養護施設恵愛の橋詰施設長さんのお話をお聴きしました。

施設長さんの、 家族の愛に恵まれなかった子どもたちへの慈しみの心が伝わり、温かい雰囲気の講演会となりました。

   

参加された皆さんの感想(抜粋) 

  

○恵愛さんが、稲荷山地域と関わりながら(野球・祭り・消防団など)、事業を進められていることに感動しました。子どもにとって可愛がられ抱きしめられることの大切さを改めて感じさせてもらいました。 

 

○少子高齢化の中で地域社会のつながりの大切さが感じられた。少しでも関心を持つことに心がけたい。


○以前は子育てが家族や地域で考えられていた。子育ての孤立化がいろいろなところに影響していると改めて感じました。

 

30070601.JPG

 

30070602.JPG

 

橋詰3.jpg 

 

 第1回 「車いすのギタリスト」 参加者 32名

 6月15日(金)午後2時~3時30分   講師 川﨑 昭仁さん(ギタリスト)   

 

「心のバリアを一瞬で消す ギター演奏」

 

1回目の「ふれあいセミナー」は、長野市在住のギタリスト、川﨑昭仁さんのギターライブを交えた講演会を開催しました。 

子どものころの病気で手足が動かなくなってしまったことから、現在の幸せな家庭生活まで、波乱万丈の人生を明るく、そして力強くお話ししていただきました。
参加者全員で、メチャメチャかっこいいギター演奏を堪能しました。 

 

 

参加された皆さんの感想(抜粋) 

 

○川﨑さんの前向きな生き方に感動しました。「年だから・・・」なんで思っている自分が情けなくなりました。

 

○語りが大変良かったです。「天城越え」、素晴らしい演奏でした。生きている限りは精一杯生きたいです。人生いろいろ経験されて、今家族と暮らす幸せが伝わりました。

 

○川﨑さんの半世紀を自身の飾らない言葉で語っていただき、振り返った時に「恵まれた人生だった」とおっしゃった。様々なご縁に支えられて生きてこられたことに感謝できることは素晴らしいと思いました。夢や希望を持ってギターを極められました。心に残る演奏をありがとうございました。  等々

 

30061501.JPG

 

30061502.JPG

 

30060503.JPG 

 

 

 

第3回  「(仮)犯罪被害者の人権問題」 

8月8日(水)午後7時30分~9時 

 

講師 長野県警 警務課犯罪被害者支援室  

    

 第4回 「(仮)信州健康づくりACEプロジェクト(高齢者の人権に関わり)」

9月12日(水)午後2時~3時30分 

 

講師 長野県健康福祉部健康推進課 

 

 

ふれあいフェスティバル

 

10月20日(土) 12時~午後4時50分

 

講演会 午後3時~4時30分 

 「不登校と私」(トーク&ライブ)  祐日(ゆうか)さん (シンガーソングライター)

 

 

お問い合わせ

人権・男女共同参画課
人権ふれあいセンター
電話:026-273-3693
ファクシミリ:026-273-3693