平成30年度 ふれあいセミナー・フェスティバル

2018年10月24日

人権ふれあいセンターは、地域社会の福祉を増進し、住民の生活改善及び向上を図るための住民交流の拠点施設です。 

人権啓発事業等を通して、地域住民がお互いに助け合い、一人ひとりが持つ多様性を理解しあい、お互いの人権を尊重しあう「共生の心」が醸成されるよう努めています。 

平成30年度も人権ふれあいセンターでは、市民の皆さんを対象に人権に関するセミナーやイベントを計画しています。 

申し込みは不要です。直接人権ふれあいセンターへおいでください。

大勢の皆さんの参加をお待ちしています。

 

平成30年度 人権ふれあいセンター自主事業   

 

人権ふれあいフェスティバル 参加者 約170名

 

10月20日(土)、人権ふれあいセンターで「人権ふれあいフェスティバル」を開催しました。

小学生の意見発表、人権ふれあいセンターで活動しているサークルや日本語教室など、様々な工夫をこらした発表がありました。

講演会では、シンガーソングライターの祐日(ゆうか)さんを講師に迎え、不登校経験のある祐日さんの今までの人生経験を聴いたり、迫力あるライブを楽しみました。

 

多彩な発表を鑑賞し、平和でそれぞれ認め合う姿を慈しむ大切な時間となりました。

 サークル発表

 

○りんどう琴の会(大正琴) 「恋の季節」「信濃の国」

IMG_4160.JPG

 

○あじさい琴の会(大正琴) 「鳳仙花」「青い山脈」

 

IMG_4165.JPG

 

 

○なごやかシスターズ(オカリナ) 「学生時代」「太陽がくれた季節」「見上げてごらん夜の星を」

 

IMG_4167.JPG

 

 

○頬白会(俳句) 句の発表

 

IMG_4172.JPG

 

 

○ナテックウィングス(ブラスバンド)

 

IMG_4181.JPG

 

 

○フォークダンスサークル「杏」 「グランド・スクエア」「ダス・フェンスター」

 

IMG_4187.JPG

 

 

○千曲マンドリンアンサンブル 「悲しき酒」「川の流れのように」「港町十三番地」

 

IMG_4189.JPG

 

 日本語教室発表

IMG_4196.JPG

 

IMG_4198.JPG

 

 意見・実践発表

 

○八幡小学校 「グループホームみのり」のおじいちゃん、おばあちゃんとの交流会

 

IMG_4201.JPG

 

○五加小学校 「ふれあいサロンに行ったよ」

 

IMG_4206.JPG

 

○上山田小学校 「当たり前にあいさつ」~互いを認め合える上山田小に~

 

IMG_4207.JPG

 

 講演会 シンガーソングライター 祐日(ゆうか)さん トーク&ライブ「不登校とわたし」

 

IMG_4221.JPG

 

IMG_4226.JPG 

 

展示発表

 

○パソコンクラブ

○ふれあい読書会

○人権はつらつセンター ガーデニング教室

 

30102001.jpg

 

30102002.jpg

 

 

  

ふれあいセミナー(平成30年度は終了しました)

 

第4回 「信州健康づくりACEプロジェクト(高齢者の人権に関わり)」 参加者  31名

9月12日(水)午後2時~3時30分  

講師 長野県健康福祉部健康増進課  寺島 敬子 さん

 

生きがいを持ち、健やかで幸せに暮らせる「しあわせ健康県」を目指して

「長寿を楽しむ健康づくり」


4回目のセミナーは、長野県の保健師の寺島さんを迎えて、健康長寿の話でした。

長野県の状況、課題をお聴きしたり、年代によって取り組む健康づくりの違いをお聴きしました。

 

参加された皆さんの感想(抜粋) 

 

○なかなか歩けない毎日ですが、ウォーキング等、健康づくりをしていくべきだなと実感。ACE(エース)プロジェクト、もう少し気にしながらやっていきたいと思います。

 

○話を聞いてあげるということが、とても大事だとわかりました。夫婦間でも大切だと思います。

 

○日々あまり意識することはないが、暮らす中で重要な話が聞けた。   等々 

 

 

30091201.JPG

 

30091202.JPG

 

第3回  「犯罪被害者等の人権問題」  参加者 25名

8月8日(水)午後7時30分~9時 

講師 長野県警 警務課 犯罪被害者支援室  浅岡 真 さん

 

「被害に遭うことは特別なこと。被害に遭った人は特別な人でない。」 


3回目のセミナーは、犯罪被害者等に関わる人権問題のお話でした。 

軽井沢ツアーバス事故、御嶽山でのご遺族への対応など実際に関わっていらっしゃった事案のこと、DVや虐待の通報の手段等、具体的な事例についてお話しいただきました。

「興味本位で聞かない」、「責めずに気持ちを受け止める」、「警察に相談するよう勧める」

被害に遭った人に関わった場合の適切な方法を学びました。 

 

参加された皆さんの感想(抜粋) 

 

○事故、事件で最愛の家族を失った方の計り知れない悲しみを改めて思い知らされました。

 

○犯罪の絶えない社会の中にいて、被害者支援にあたって基本的に大切にしなければならない事をわかりやすく説いていただき、勉強になりました。

 

○犯罪被害者支援室というサポートがあることを初めて知りました。ご遺族の手記に胸を打たれました。   等々

 

 

30080802.JPG

 

30080801.JPG

 

 第2回  「笑顔あふれる 町づくりをめざして」   参加者27名

7月6日(金)午後7時30分~9時  講師 橋詰 邦男さん(児童養護施設 恵愛 施設長)   

 

「かわいがられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じることを おぼえる」 

 

2回目のふれあいセミナーは、雨の夜になってしまいましたが、約30名近くの市民の皆さんにお集まりいただきました。 

昨年、稲荷山に開所した児童養護施設恵愛の橋詰施設長さんのお話をお聴きしました。

施設長さんの、 家族の愛に恵まれなかった子どもたちへの慈しみの心が伝わり、温かい雰囲気の講演会となりました。

   

参加された皆さんの感想(抜粋) 

  

○恵愛さんが、稲荷山地域と関わりながら(野球・祭り・消防団など)、事業を進められていることに感動しました。子どもにとって可愛がられ抱きしめられることの大切さを改めて感じさせてもらいました。 

 

○少子高齢化の中で地域社会のつながりの大切さが感じられた。少しでも関心を持つことに心がけたい。


○以前は子育てが家族や地域で考えられていた。子育ての孤立化がいろいろなところに影響していると改めて感じました。

 

30070601.JPG

 

30070602.JPG

 

橋詰3.jpg 

 

 第1回 「車いすのギタリスト」 参加者 32名

 6月15日(金)午後2時~3時30分   講師 川﨑 昭仁さん(ギタリスト)   

 

「心のバリアを一瞬で消す ギター演奏」

 

1回目の「ふれあいセミナー」は、長野市在住のギタリスト、川﨑昭仁さんのギターライブを交えた講演会を開催しました。 

子どものころの病気で手足が動かなくなってしまったことから、現在の幸せな家庭生活まで、波乱万丈の人生を明るく、そして力強くお話ししていただきました。
参加者全員で、メチャメチャかっこいいギター演奏を堪能しました。 

 

 

参加された皆さんの感想(抜粋) 

 

○川﨑さんの前向きな生き方に感動しました。「年だから・・・」なんで思っている自分が情けなくなりました。

 

○語りが大変良かったです。「天城越え」、素晴らしい演奏でした。生きている限りは精一杯生きたいです。人生いろいろ経験されて、今家族と暮らす幸せが伝わりました。

 

○川﨑さんの半世紀を自身の飾らない言葉で語っていただき、振り返った時に「恵まれた人生だった」とおっしゃった。様々なご縁に支えられて生きてこられたことに感謝できることは素晴らしいと思いました。夢や希望を持ってギターを極められました。心に残る演奏をありがとうございました。  等々

 

30061501.JPG

 

30061502.JPG

 

30060503.JPG 

 

 

 

 

お問い合わせ

人権・男女共同参画課
人権ふれあいセンター
電話:026-273-3693
ファクシミリ:026-273-3693