2018年11月のちくまトピックス

2018年11月9日

11月8日(木) 第3回働き方改革講演会

hIMG_0506.JPGhIMG_0523.JPG

 

 市は、更埴文化会館で「第3回千曲市働き方改革講演会」を開催しました。講師は前2回に引き続き、イーキュア株式会社の福盛二郎さんが務め「真の働き方改革をするための第一歩 課題の発見・解決となる「カエル会議」体験」と題し行ないました。

 参加者は、モデル企業の事例から課題の抽出・解決策などをワークショップ形式で話し合いました。参加者からは「研修の内容は楽しく、今後会社で生かせそうです」などの声が聞かれました。

 

 

11月3日(土・祝) 森将軍塚まつり

HPIMG_6189.jpgHPIMG_6239.jpg

 

 科野の里歴史公園一帯で、文化の日恒例の森将軍塚まつりが開かれました。園内にある全長約100mの前方後円墳で国指定史跡「森将軍塚古墳」にちなみ、古代をテーマとしたさまざまなイベントが行なわれ、今年で27回目です。

 古代大王に扮(ふん)した市区長会連合会長の横山悟朗さんをはじめとした地元住民が、屋代駅から科野の里歴史公園までをパレード。パレードでは、東小学校、屋代小学校鼓笛隊の演奏もありました。園内での開会セレモニー後、古代装束の一行は長野盆地の眺めが広がる古墳に上がり、収穫に感謝する儀式を行ないました。

 イベント広場では、太鼓や踊りなどが披露され、芝生広場には、姉妹都市である富山県射水市の「かに鍋」のほか、たくさんの地場産物が並びました。

  開会セレモニーで、白い古代装束を身にまとった岡田市長は「このまつりは毎年、県下各地から1万人を超えるお客様がみえます。どうぞ、素晴らしい長野県の文化にふれてみてください」と挨拶しました。

  

 

お問い合わせ

秘書広報課
電話:026-273-1111