2018年12月のちくまトピックス

2018年12月10日

12月9日(日) 信州ブレイブウォリアーズ 今シーズン最多観客動員で3連勝

hIMG_1346.JPGhIMG_1124.JPG

 

hIMG_1333.JPGhIMG_1102.JPG

 

 プロバスケットボールリーグBリーグのB2リーグ第11節が全国各地で行なわれ、中地区首位を走る「信州ブレイブウォリアーズ」は、同地区の「金沢武士団」をことぶきアリーナ千曲(更埴体育館)に迎えました。今節は「KIDS DAY」と題し、小中学生の指定席が200円、自由席100円で販売。また、この日は「ことぶきアリーナ満員プロジェクト」と題し、「マジシャン SATO」によるパフォーマンスやロックユニット「Streaming RED」のライブのイベントが行なわれました。

 試合会場には、今シーズン最多の2,446人のブースター(ファン)が来場し選手にブースト(声援)をしました。試合は、第2Q終了時点で5点差まで追い上げられましたが、84対61で勝利。18勝3敗とし中地区首位をキープしました。

 

 

 

 

12月4日(火) 屋代南高生徒が介護用パジャマ「楽らくねまき」を寄贈

hIMG_1055.JPGhIMG_1062.JPG

 

 屋代南高校の生徒から介護用パジャマ「楽らくねまき」16着を市に寄贈していただきました。この「楽らくねまき」は、ライフデザイン科ファッションデザインコース2年生の生徒16人が、1年生時の最終課題として作製したものです。

 寄贈は30年以上続いており、毎年改良を重ねられ、今回のねまきは利用者の意見を参考に、袖丈を長くするなど介護を必要としている人でも着やすい工夫がされています。

 岡田市長は「毎年、寄贈いただきありがとうございます。市内の高齢者が助かっています」とお礼を述べました。

 今回、寄贈いただいた「楽らくねまき」は千曲市社会福祉協議会を通じて、介護を必要としている高齢者に届けられる予定です。

 

 

12月3日(月)技能五輪「冷凍空調技術」銅賞、オリオン精工の亘さんが表敬訪問

HP11IMG_7011.jpgHPIMG_6999.jpg

 

 オリオン精工株式会社の亘敦司さん(杭瀬下)が更埴庁舎市長室を訪れ、第56回技能五輪全国大会の「冷凍空調技術」の職種で銅賞を獲得したことを岡田市長に報告しました。同大会は、県予選を勝ち進んだ23歳以下の代表者が技能レベルを競い合う大会で、11月2日から5日に沖縄県で行なわれました。競技は、制限時間内に冷蔵庫・エアコンなどに使用する冷凍空調機器を組み立て、自動運転システムなどを構築するもので、28人で競いました。

 入社3年目の亘さんはこの大会に初出場。4か月間練習に取り組み、時間制限をクリアできるようになったのは、大会の一週間前でした。亘さんは「銅メダルを獲得できたことがうれしいです。支えてくれた指導員の方や会社の皆さん、家族に感謝しています」と話しました。

 

 

 

 

12月3日(月)年末特別警戒の地域安全パトロール出発式

hIMG_1039.JPGhIMG_1014.JPG

 

 千曲警察署が、年末特別警戒の地域安全パトロール出発式を行ないました。大みそかまでの期間中、広報啓発活動を実施するほか、街頭警戒活動を強化します。出発式には、署員、防犯協会関係者らが参加し、更埴防犯協会連合会長の岡田市長は「寒い中ので健康に注意して、地域の安心・安全のために尽力してください」と挨拶しました。

 その後、参加者全員でパトロールに向かう車両を見送りました。

 

 

 

 

12月2日(日) 科野の里ふれあい公園 イルミネーション

hIMG_0933.JPGhIMG_0986.JPG

 

 科野の里ふれあい公園でイルミネーション点灯式が行なわれました。本事業は、千曲商工会議所青年部が地域振興事業の一環で行なっており、科野の里ふれあい公園での開催は3回目。点灯式では、カウントダウンが行なわれた後、約2万7000球のイルミネーションが一斉に点灯しました。

 ハートと天使の羽をモチーフにした撮影スポットや信州ブレイブウォリアーズのロゴのイルミネーションが会場を彩り、家族連れやカップルなどが楽しんでいました。

 

 ○会  場 科野の里ふれあい公園

 ○点灯期間 12月2日(日)~平成31年1月26日(土)

 ○点灯時間 午後5時~10時

お問い合わせ

秘書広報課
電話:026-273-1111