警戒レベルを用いた防災情報の発信について

2019年5月31日

平成30年7月豪雨を教訓とし、内閣府において「避難勧告等に関するガイドライン」が改定(平成31年3月)されました。

これにより、市民の方が適切な避難行動をとれるよう災害の危険度の高まりを直感的に理解しやすくするため、避難情報や気象情報が5段階に整理され、【警戒レベル1~5】を用いた情報提供が始まります。

 

警戒レベルと市民がとるべき行動の関係

警戒レベル

避難行動等

避難情報等

警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報

警戒レベル4

速やかに避難先へ避難しましょう。

避難場所までの避難が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅のより安全な場所へ避難しましょう。

避難勧告

避難指示(緊急)

警戒レベル3

避難に時間を要する人(高齢者、障がい者、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。

その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・高齢者等避難開始

警戒レベル2

避難に備え、ハザードマップ等により自らの避難行動を確認しましょう。 注意報

警戒レベル1

災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報(警報級の可能性)

 

※警戒レベルは順番で発表されるとは限りません。状況が急変することがあります。

※避難指示(緊急)は、必ず発令されるものではなく、緊急的に、または重ねて避難を促す場合などに発令します。警戒レベル4避難勧告が発令されたら、速やかに避難を開始してください。

 

警戒レベルを用いた避難勧告等の伝達

避難勧告等を発令する際に、それに対応する警戒レベルを明確にして、対象者ごとに警戒レベルに対応したとるべき行動がわかるように伝達します。

 

警戒レベルに関するチラシ

 警戒レベルに関するチラシ

 

 

 リンク

避難勧告に関するガイドラインの改定(内閣府ホームページ)

 

お問い合わせ

危機管理防災課
電話:026-273-1111