「フラット35」地域連携型で住宅ローン金利が割引に

2021年4月7日

千曲市と住宅金融支援機構が連携協定を締結

 

 「千曲市空き家バンクリフォーム補助金事業」と住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35」が連携し、「地域活性化型」として、当初5年間「フラット35」の借入金利から年0.25%の引下げが受けられます。

 

 また、住宅金融支援機構が長期優良住宅など質の高い住宅を取得する場合に適用される「フラット35」Sとの併用ができますので、例えば「金利Aプラン」の場合、当初5年間の金利が0.5%割引となり、6年目から10年目まで0.25%の金利割引が継続され大変お得です。

 有利な低金利を提供し、空き家を活用する人の負担を少しでも軽減するために、千曲市と住宅金融支援機構が相互協力による連携協定を締結しました。

 

 

 ※令和3年4月1日より「地域活性化型」から、「地域連携型」に名称変更となりました。

 

空き家バンクリフォーム補助金の要件を満たせば「地域連携型」が借り入れできます

 

 千曲市の空き家バンクリフォーム補助金事業は、空き家の利活用と千曲市に移住・定住をする方が申請できる補助事業です。住宅ローンの借り入れ手続きは住宅の建築や取得の前に行うため、空き家バンクリフォーム補助金事業の申請時期と大きく異なります。

 

 通常の「フラット35」の借り入れにつきましては、住宅金融支援機構の制度に基づいているため、住宅ローンの借り入れ手続きについては、住宅金融支援機構または、「フラット35」を取り扱う市内金融機関にお問合せください。

 そのうえで、住宅建築の内容が、千曲市が示す補助金の交付要件に当てはまる場合は「地域連携型」として有利な金利で借り入れをすることができます。

 

住宅金融支援機構の「フラット35」地域連携型については、次の外部リンクでご確認ください

 

  → 住宅金融支援機構  「フラット35」地域連携型のページ

 

 

 問い合わせ

 

・「フラット35」の借り入れについて

 住宅金融支援機構お客さまコールセンター 0120-0860-35(通話無料)

 

・空き家バンクリフォーム補助事業の要件等について

 千曲市 建設課 空き家対策係 TEL:026-273-1111(内線3213)

 

 

お問い合わせ

建設課
空き家対策係
電話:026-273-1111