建設工事における「変動型最低制限価格制度」の試行導入について

2019年7月10日

千曲市では、入札・契約制度の透明性、公平性及び競争性を一層高めるため、令和元年5月1日以降の発注案件から、一部の建設工事において「変動型最低制限価格制度」を試行導入します。

 

※国の低入札価格調査基準の見直しにあわせ、当初算出方法(H31.3.20説明会時)の変更(下限額のを引き上げ等)を行っています。

 

 

 

対象工事

建築関連工事(建築一式工事、電気工事、管工事、塗装工事、水道施設工事及び解体工事等)のうち、予定価格が一定の金額以上である等の事由に基づき、千曲市建設工事請負人選定委員会が指定した工事

 

※変動型最低制限価格制度を適用する案件については、公告または指名通知において、その旨を表記します。

 

変動型最低制限価格の算出方法

 

【算出方法】 変動型最低制限価格制度.pdf(98KB)

 

変動型最低制限価格の算出例

 

【算出例】 変動型最低制限価格制度.pdf(82KB)

 

千曲市変動型最低制限価格制度施行実施要領

 

【千曲市変動型最低制限価格制度試行実施要領】.pdf(127KB)

 ※端数処理の算出方法が、上記の【算出方法】・【算出例】と相違があり誤っていましたので修正しました。

 

お問い合わせ

管財契約課
電話:026-273-1111