2020年4月のちくまトピックス

2020年4月3日

4月2日(木) フレックスジャパン株式会社が市にマスクを寄贈


▲写真左から岡田昭雄市長、フレックスジャパン株式会社の矢島隆生代表取締役社長

 

 ワイシャツを中心としたアパレルメーカーのフレックスジャパン株式会社(千曲市)の矢島隆生代表取締役社長ら3人が市役所を訪れ、サージカルマスク(不織布マスク)3,000枚を市に寄贈しました。
 マスクは10年以上取引のある中国の貿易商社から同社へ送られたものです。マスクを必要としている学校や社会福祉施設などで活用してほしいと考え、市に寄贈することを決めました。
 岡田昭雄市長は「現在、マスクを発注しているがなかなか納品されません。4月6日から学校が始まるので、大変ありがたいです」と感謝を述べました。

4月1日(水) 千曲市更埴川東地域包括支援センター開所式

IMG_9514.JPG

  千曲市更埴川東地域包括支援センター開所式が同センター(大字杭瀬下13-1)で行われました。

 地域包括支援センターとは、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるため、医療、介護、福祉などさまざまな方面から支援する拠点で、主任介護支援専門員(ケアマネージャー)、社会福祉士、保健師が在籍しており、市内では3か所目の設置で千曲市社会福祉協議会に事業を委託します。主な業務は、高齢者やその家族からの総合相談業務、介護が必要な状態にならないよう介護予防の支援をする介護予防ケアマネジメントなどがあります。

 開所式で、岡田昭雄市長は「超高齢社会の中、相談内容が多岐に渡っています。連携して相談に対応してください」とあいさつしました。

 

 

 

 

 

 

過去のちくまトピックス(写真ニュース)はこちらから

 ちくまトピックス(写真ニュース)バックナンバー