みんなで守ろう大切ないのち ~自殺予防~

2019年8月21日

 

 我が国の自殺者は平成10年以降、14年連続で3万人を超えていました。平成29年は21,321人と減少傾向にありますが、自殺未遂者はその10倍、さらに1人が自殺(未遂)することで周囲の56人は深刻な心理的影響を受けるといわれています。自殺や自殺未遂は本人だけの問題ではなくその家族や友人・知人らに大きな精神的ダメージを及ぼす問題、誰もが出会う可能性のある身近な問題です。

 

 自殺に至る原因としては、健康問題や多重債務などの経済的な問題・家庭問題など様々な要因が複雑に絡み合っており、背景にうつ病などのこころの病気があると言われています。 

 市は、「いのち支える千曲市自殺対策推進計画」(2019年度~2022年度)を策定し、「誰も自殺に追い込まれることのない千曲市」の実現を目指します。  

いのち支える千曲市自殺対策推進計画.     ★自殺対策推進計画

いのち支える千曲市自殺対策推進計画 概要版自殺対策推進計画概要  

 

・自殺の背景に潜む心の病気で最も多いうつ病は心のエネルギーが低下する病気。病気が疑われたら早めに専門家(相談機関や専門医)に相談しましょう。

 

・自殺を考えているときは、「死」にとらわれてしまい本来の正常な心の状態ではなくなっています。精神的に孤立感を募らせ、「死ぬしかない」という心理的な視野狭窄の状態に陥っている場合が少なくありません。

 

・自殺を考える人のほとんどが「全ておしまいにする」とか「生きていも仕方がない」とこぼしたり、きちんと仕事をする人が投げやりな態度になったり、急に無口になったり、大切な物を処分したり等何らかのサインを出します。周囲はこれを見逃さないことが大切です。

 

死にたいと言われたら 

  

話を聞き、共感することが生きる意欲に繋がります。

自殺されたほとんどの人が、誰かに死にたいと打ち明けています。誰でもよいから打ち明けたのではありません。あわてず時間をかけて話を聴いてください。

●本人は「苦しみから逃れたい」「でも生きていたい」という思いの中で激しく揺れ動いており、助けて欲しいと真剣な叫びを発しています。

●責めたり、叱咤激励することは避け、『あなたは大切な存在である』事を伝え「自殺しない」と約束してもらうことは自殺予防に有効です。

みんなで取組む自殺対策 ゲートキーパー研修

「誰もが自殺に追い込まれることのない千曲市」の実現を目指して、ゲートキーパーの育成に取組みます。

ゲートキーパーとは

悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守れる人のことです。家族や地域、職場、保健、医療、教育の場面など、誰もがゲートキーパーになれます。

ゲートキーパーの活動

1.気づき

家族や仲間の変化に気づいて、声をかける。「心配している」というメッセージを示すことから始めます。

2,傾聴

本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける。

3.つなぎ

3.人が抱えている問題を整理し、必要な支援者や相談機関へつなげる。

4.見守り

支援が途切れることのないように、寄り添いながら、じっくり見守る。

ゲートキーパー研修

 

・自殺対策の取組みとして、ゲートキーパー研修会を行います。

・保健師が、町内会、職場、有志の集まりなどに出向いて学習会を行います。

・5人以上の方が集まれば開催可能です。周囲で悩んでいる人の力になりたいという方、どなたでも受講できます。

 

ゲートキーパー研修の申込み、お問い合わせ

 

・10名以上の場合は、生涯学習出前講座へ申請をお願いします。

・10名未満の場合は、千曲市役所保健センター(内線2132)へどうぞ。

 

~1人で悩まないで相談してください~

つらい時、不安なときの相談窓口。ご自身のことでもご家族のことでも相談できます。

 

市の保健師による相談窓口 平日(月~金)8:30~17:15

 健康推進課 保健センター 健康増進係 ☎026-273-1111(内線2132)

精神保健相談会

 精神に関する病気、こころの悩み、ひきこもりなどについて、精神科医が相談に応じます。
 完全予約制
 会場:更埴保健センターまたは戸倉保健センター
 R元年度相談会ちらし

 

県等が実施するこころの相談窓口

長野保健福祉事務所主催の相談

精神保健相談

思春期の心の相談

お問い合わせ・お申込み先 ☎026-225-9039 長野保健福祉事務所

 

電話相談窓口

 自殺関連の相談 (自殺予防を目的とした専用ダイヤル)

こころの健康相談統一ダイヤル
(長野県精神保健福祉センター内)

0570-064-556

月~金(祝日を除く)
9:30~16:00

 

全般的なこころの相談 (ストレス・うつ・依存症・ひきこもりなど)

長野県精神保健福祉センター

026-227-1810

月~金(祝日を除く)
8:30~17:15

 

  様々なこころの悩み、自殺問題 (主催:日本いのちの電話連盟)

長野いのちの電話

026-223-4343

毎日11:00~22:00

自殺予防いのちの電話

0120-783-556 

毎月10日 24時間無料
午前8時~翌日(11日)午前8時

東京いのちの電話

03-3264-4343

24時間対応

 

多重債務・借金等のお悩みは千曲市消費生活相談をご利用ください。

千曲市消費生活センター ☎026-274-0820(直通)

月~金(祝日除く)午前8:30~5:00
予め電話でお約束の上、ご来庁ください。 

 

遺された人々への支援

 大切な人を自死で亡くした場合、その死が『自死』であるがゆえに残された人々は孤独になりがちです。自責の念や罪悪感が強く「なぜ」「どうして」と自問し続けたり、辛い気持ちを安心して語りあえない苦しみがあります。 

 県精神保健福祉センターでは、遺族の皆さんの交流の場「自死遺族交流会 あすなろ会を定期的に開催しています。
問い合わせ:☎026-227-1810(長野県精神保健福祉センター)

長野県自殺予防情報センターで詳しい情報をご覧いただけます。

 

関連リンク

 行政・自治体

自殺予防総合対策センター いきる

長野県精神保健福祉センター

長野県自殺対策推進センター

厚生労働省

全国精神保健福祉センター長会

その他支援機構  

長野県弁護士会

長野県司法書士会 

産業保健総合支援センター こころの耳

社会福祉法人 長野いのちの電話