高齢者インフルエンザワクチン予防接種が始まります

2019年9月4日

高齢者インフルエンザワクチン予防接種について

 

 インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など重症化する可能性が高い人には効果が高いと考えられます。

 65歳以上の高齢者、または60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される人、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な人(身体障者手帳1級相当)は、予防接種法に基づく接種を受けることができます。

 

 

 

接種期間

   令和元年10月1日(火)から令和2年1月31日(金)

対象者

   市内に住民登録があり、接種日に65歳以上の人

   ※実施期間内に65歳の誕生日を迎える方は、65歳になってから接種を受けてください。

    (誕生日以前に接種した場合、全額自己負担となります。)

 

助成回数 

   1

自己負担金

   1,000

接種方法 

   実施医療機関にて個別接種(医療機関によって予約が必要です。)

  ・窓口へ予防接種の希望を伝え予診票を受け取り、必要事項を記入し、窓口へ出す。

   (保険証と接種料金を持参してください。)

注意事項

  ・予診票は個人あてには送付しません。医療機関に用意していますので、窓口で予診票を受け取り、

   記入して予防接種を受けてください。

実施医療機関

    令和元年度 高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧表(千曲坂城管内).pdf(125KB)

その他

  令和元年分の確定申告の際、セルフメディケーション税制の医療費控除を受けようとする人は、

  インフルエンザワクチン予防接種済証が必要書類となりますので、申告時まで紛失しないよう保管してください。 

お問い合わせ

健康推進課
予防保健係 内線 2113
電話:026-273-1111