2020年農林業センサスを実施します

2019年11月18日

農林業センサスとは

「農林業センサス」は、農林水産省が5年ごとに実施する統計調査です。全国の農家や林家をはじめ、すべての農林業関係者を対象に行われることから『農林業の国勢調査』ともいわれています。

調査の目的

我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにし、農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となる統計を作成し、提供することを目的としています。

調査の基準日

令和2年2月1日現在

調査の期間

令和元年12月下旬~令和2年2月

調査の対象

農林業を営んでいるすべての農家、林家、法人

主な調査事項

農林業労働力の状況、経営耕地面積、保有山林面積、農作物の作付面積、家畜の飼育状況、農林産物の販売金額、農林業作業の受託の状況、農業生産関連事業、素材生産量など

調査の方法

・12月下旬から、調査員が担当調査区内で農林業を営んでいるすべての農家、林家、法人の方を訪問し、耕地面積などの聞き取り調査を行います。

・聞き取り調査の結果、一定規模以上の農林業生産活動を行っている方には調査票を配布します。記入した調査票は、後日調査員が回収に伺います。

※パソコン等を利用した、オンラインでの回答も可能です。

 

かたり調査にご注意ください

農林業センサスを装った不審な訪問者や不審な電話などにご注意ください。調査員は必ず顔写真付きの「調査員証」を携帯していますので、ご確認ください。

 

※調査についての詳細は、 「2020年農林業センサスキャンペーンサイト」 をご覧ください。

 

調査の趣旨・必要性にご理解いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策課
電話:026-273-1111