台風19号の被害を受けた固定資産に係る固定資産税・都市計画税の減免

2019年11月29日

災害を受けた日以後に到来する納期限(全期前納の人も対象)の固定資産税・都市計画税について

市の基準に基づき税額を減額します

 .減免割合

 

(1)土地の場合  

※がけ崩れ、土石流や川の氾濫により埋没・崩壊・流出し利用できなくなったとき                         

損害の程度 減免割合 
被害面積が該当する土地の面積の10分の8以上であるとき

 全部

被害面積が該当する土地の面積の10分の6以上10分の8未満であるとき    10分の8      
被害面積が該当する土地の面積の10分の4以上10分の6未満であるとき 10分の6
被害面積が該当する土地の面積の10分の2以上10分の4未満であるとき 10分の4

                                                                    

(2)家屋の場合                                                                                                               

 

 

※罹災証明書の判定に沿った割合を減額(半壊以上が対象)

 

罹災証明の判定 減免割合      

全壊

全部

大規模半壊

10分の6

半壊

10分の4

 

(3)償却資産の場合                                                                                                        

※事業の用に供する資産が火災や浸水等により

 修理や交換が必要となる損害を受けたとき                                                                                                            

                                                                                                        

 

 

2.提出書類

 

 (1)減免申請書

 

 様式のダウンロード 

 

※家屋用減免申請書は、対象となる方に対して罹災証明書郵送時に同封します

 

減免申請書(土地用).xls(35KB)         減免申請書(記入例 土地).xls(39KB)

 

減免申請書(償却資産用).xls(29KB)          減免申請書(記入例 償却資産).xls(38KB)

 

 

(2)被害状況がわかる資料(写真など)

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  

関連ワード

お問い合わせ

税務課
固定資産税係
電話:026-273-1111