コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した「AIチャットボット」による情報提供サービスを開始しました

2019年10月18日

この度、長野県でAIチャットボット機能を活用した情報提供サービスを始めました。

このサービスは、市町村と連携し、台風19号により被災された方々に、り災証明や廃棄物の処理、災害ボランティアに関することなど、必要な項目を選んでいくだけで、今すぐ必要な情報にたどり着くことができます。

千曲市もこのサービスに情報提供しておりますので、ご利用ください。

 

1 開始日

  令和元年10月18日(金) 17時から

 

2 概要

  LINEアカウント『長野県被災者支援』を開設し、被災者は当アカウントと『友達』になることで生活に必要な情報にアクセスが可能となります。

  このサービスは、AI防災協議会が開発した、AIが質問に回答するAIチャットボットを実装しています。

 

3 提供する情報

  ・り災証明について

  ・住居に関すること

  ・廃棄物の処理について

  ・ボランティアに関すること など  ※順次情報は追加していきます。

 

4 利用方法

  LINEアカウント名称「長野県被災者支援」

  URL: https://line.me/R/ti/p/@754iocpo

  QRコード

 

 

5 サービス運営主体

  AI防災協議会

  産官学が一丸となって、AI・SNS等をはじめとする先端技術・ITインフラを活用することによって、災害に対するレジリエンスを向上させ、防災・減災にかかる課題解決を目指すことを目的に設立された団体です。

  ホームページ: https://caidr.jp/

  ※本サービスは主に、AI防災協議会に参画している国立研究開発法人防災科学技術研究所、株式会社ウェザーニューズ、LINE株式会社が共同で開発しております。

 

 

関連ワード