災害救助法に基づく住宅の応急修理について

2019年11月14日

 ※「千曲市指定業者リスト(建築関係)(R1.11.8時点)」を更新しました。

住宅の応急修理について

台風19号により被災し、住宅が「半壊」、「大規模半壊」または「一部損壊(準半壊)」の災害認定を受けた世帯で、そのままでは居住できない場合、災害救助法に基づき日常生活に必要最小限の部分の応急的に修理を実施します。

 ・申請には罹災証明書が必要になります

  

※修理の費用を市が直接施工業者に支払う制度ですので、被災された方に費用が支給されるものではありません。

 

※原則、工事を行う前住宅の応急修理申込書等を提出いただく必要がありますが、工事完了後、支払いがまだ済んでいない場合は対象になる可能性がありますので、まずはお問合せください。(支払いが終わっている場合は、対象外となります)

 

対象者

以下のすべての要件を満たす方(世帯)
 1.台風19号により、「半壊」、「大規模半壊」または「一部損壊(準半壊)」の住家被害を受けた方
  ただし、「半壊」、「一部損壊(準半壊)」の場合は、自らの資力では応急修理をすることができない場合に限ります。

  ※「全壊」の住家は、修理を行えない程度の被害を受けた住家であるため、住宅の応急修理の対象外となります。

    ただし、「全壊」場合であっても、応急修理を実施することにより居住が可能な場合はこの限りではありません。

  ※「一部損壊(10%未満)」は対象外です。

 2.応急修理を行うことによって、避難所等への避難を要しなくなると見込まれること
 3.災害救助法に基づく応急仮設住宅(民間賃貸住宅を含む)を利用しないこと

 

 住宅の応急修理の範囲及び基本的な考え方

住宅の応急修理の範囲

住宅の応急修理の対象範囲は、屋根、柱、外壁、基礎等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備などの日常生活に必要かつ欠くことのできない部分であって、緊急に応急処理を行うことが適当な箇所について、実施することとします。

基本的な考え方

応急修理の箇所や方法等についての基本的考え方は、以下のとおりです。

 1.台風災害の被害と直接関係ある修理のみが対象

 2.内装に関するもの(畳や壁紙等)は原則として対象外

    ただし、床や外壁の修理と併せて畳等や壁紙の補修が行われる場合については、当該床・壁の部分に限り対象となります。

 3.修理の方法は、柱の応急修理が不可能な場合に壁を新設するなど代替措置でも可

 4.家電製品(エアコン、ストーブ等を含む)は対象外

 住宅の応急修理にかかる工事例.pdf(447KB)

 応急修理 対象内外工事事例.pdf(57KB) 

 住宅の応急修理対象範囲.pdf(290KB)

基準額等

 1.1世帯あたりの限度額

  ・半壊費用又は大規模半壊の場合、595,000円(税込)

  ・一部損壊(準半壊)の場合、300,000円(税込)

  ※費用は、原材料費、労務費及び修理事務費等一切の経費を含みます。限度額を超過した分は、自己負担となります。

 2.同一住家(1戸)に2以上の世帯が同居している場合、支出できる費用の額は1.の1世帯あたりの額以内

 3.借家であっても、所有者が修理を行えず、かつ、居住者の資力をもってしては修理できないために現に居住する場所がない場合は、所有者の同意を得て行う応急修理は可

 

 ※修理の費用を市が直接施工業者に支払う制度ですので、被災された方に費用が支給されるものではありません。

 

手続きについて

原則、工事を行う前住宅の応急修理申込書等を提出いただく必要がありますが、工事完了後、支払いがまだ済んでいない場合は対象になる可能性がありますので、まずはお問合せください。(支払いが終わっている場合は、対象外となります)

事務処理フロー.pdf(258KB)

1.申込書の提出(対象者)

   「住宅の応急修理申込書<様式1>」と住宅の応急修理申込チェックシート(自らの資力で応急修理ができない理由書を含む)」建設課建築監理係にご提出ください。

   なお、住宅の応急修理申込チェックシート」でチェックし、対象者の要件に当てはまらない場合は、対象外となりますので、まず、チェックシートでご確認ください。

 住宅の応急修理申込チェックシート.xlsx(15KB) (自らの資力で応急修理ができない理由書を含む)

 住宅の応急修理申込書【様式1】.docx(16KB)

 

  添付書類

   ・被害を受けたことが確認できる市が発行した、罹災証明書(コピー可) ※罹災証明について

  

2.受理通知書の発行

 応急修理の対象と認められる場合は、市より受理通知書を交付します。 

 

3.修理見積り依頼(対象者、施工業者)

 対象者は施工業者に希望する修理箇所を伝え、「修理見積書(様式5)」の作成を依頼してください。

 施工業者は下記の<千曲市指定業者リスト>に記載のある業者のほか、現在、市外業者で千曲市建設工事入札参加資格者名簿に登録のある業者に限られます。

 新たに応急修理の指定リストに登録を希望する業者の方は、当ページ下部の「応急修理 施工業者の皆様へ」をご覧ください。

   

 千曲市指定業者リスト>

 千曲市指定業者リスト(建築関係)(R1.11.8時点)..pdf(250KB)

 千曲市指定業者リスト(設備関係)(R1.10.28時点).pdf(276KB)

 千曲市指定業者リスト(電気関係)(R1.10.28時点).pdf(231KB)

   ※市外業者で千曲市建設工事入札参加資格者名簿に登録のある業者のリストについては、窓口で閲覧可能です。

 

4.修理見積書の提出(施工業者)

  施工業者は、作成した修理見積書を対象者に提示し、署名の上、建設課建築監理係に提出してください。

 修理見積書【様式5】.docx(20KB)

  注意事項

  ・屋根・外壁・土台等部位ごとの工事明細を記してください。

  ・被害状況、工事予定箇所を示す施工前写真を添付してください。

  ・施工業者は、対象者に対して修理見積書の内容を的確に説明する責務が有るものとします。 

 

5.応急修理決定通知書、修理依頼書の交付

 市より、対象者に応急修理決定通知書を、施工業者に修理依頼書を交付します。

 

6.業務委託請書

 施工業者は委託請書等の提出をお願いします。

 請書【様式10】.doc(35KB) (50万円未満の場合

 契約書【様式10-1】.pdf(252KB) (50万円以上の場合)

 

7.工事の実施(対象者、施工業者)

 対象者と施工業者で日程等の打合せを行った上で、工事を実施してください。

 

8.完了報告書の提出(施工業者)

 施工業者は、工事完了後、対象者に工事完了報告書(様式8)を提示し、署名を受け、請求書(様式9)と共に建設課建築監理係に提出してください。

 工事完了報告書【様式8】.docx(14KB)

   添付書類

  ・工事施工前、施工中、施工後の写真

  ・修理見積書(写)

  ・付近見取り図

 請求書【様式9】.docx(20KB)

 

応急修理 施工業者の皆様へ

令和元年台風第19号の災害による「災害救助法に基づく住宅の応急修理」については千曲市指定業者リストに登録されている施工業者に委託します。

  

・指定リストに登録を希望する施工業者は、以下の書類を「管財契約課 契約係」に提出をし、審査を受けてください。 

 応急修理事業者登録申請書【様式11】.docx (29KB)

・住宅の応急修理に係る工事を施工される方は、下のガイドを確認してください。

 住宅の応急修理制度に係る工事の施工業者の方へ.pdf(255KB)

様式等

 申込者用

 ・住宅の応急修理申込チェックシート.xlsx(15KB)

 ・住宅の応急修理申込書【様式1】.docx(16KB)

 施工業者用

 ・修理見積書【様式5】.docx(20KB)

 ・工事完了報告書【様式8】.docx(14KB)

 ・請求書【様式9】.docx(20KB)

 ・請書【様式10】.doc(35KB)

 ・契約書【様式10-1】.pdf(252KB) 

 ・応急修理事業者登録申請書【様式11】.docx (29KB)

 その他

 ・台風第19号における住宅の応急修理実施要領.pdf(37KB)

 関連リンク

 ・罹災証明について 

お問い合わせ

建設課
建築監理係
電話:026-273-1111