自転車損害賠償保険等への加入が義務化されました

2019年11月1日

 「長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例」により、10月1日から長野県内で自転車を運転する人(未成年の場合は保護者等)や利用事業者・貸付事業者が、自転車損害賠償保険等(自転車保険)へ加入することが義務化されました。

 過去には、1億円近い高額な賠償事例があり、被害者への確実な補償と加害者側の経済的な破たんを回避するためにも、万が一に備えて自転車保険に加入しましょう。

 

 

※詳細についてはこちらをご覧ください。(新しいウィンドウが開きます)

 

 

自転車を安全に利用するために

 

自転車安全利用五則を守りましょう

 

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

 

2 車道は左側を通行

 

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

 

4 安全ルールを守る

 

 ・飲酒運転・二人乗り・並進は禁止

 

 ・夜間はライトを点灯

 

 ・信号を守る、交差点での一時停止と安全確認

 

5 子供はヘルメットを着用

 

 

 

こんな運転もやめましょう

 

・運転中のスマホ・携帯電話の使用

 

・傘さし運転

 

・ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴きながらの運転

 

関連ワード

お問い合わせ

生活安全課
電話:026-273-1111