被災した家屋の解体について

2019年12月23日

○公費解体制度とは

 

  千曲市では、令和元年台風第19号豪雨災害により罹災証明で全壊・大規模半壊・半壊の判定を受けた市内の家屋等について、当該被災家屋等の所有者の申請に応じ、市が災害廃棄物として解体・撤去を実施することにより、生活環境を保全するとともに、二次災害の防止及び被災者の生活支援を図ります。

 

 必要書類一覧(公費解体).docx(29KB)

 

添付資料の様式のダウンロードはこちら

 

申請書.docx(26KB)

申請書(記載例).docx(87KB)

建物配置図.docx(25KB)

建物配置図(記入例).docx(88KB)

状況写真.docx(20KB)

状況写真(例).docx(20KB)

委任状.docx(17KB)

委任状 (記入例).docx(40KB)

同意書 (共有名義人・相続権者).docx(17KB)

同意書(隣接地権者等).docx(17KB)

同意書(借家等の居住者).docx(29KB)

同意書(被災家屋等に関して設定した権利).docx(17KB)

取下書.doc(32KB)

*申請書、同意書(隣接地所有者、借家人以外)・委任状については、実印押印、印鑑証明書の添付が必要になります。

 

○自費解体償還について

 

 市が実施するより前に、ご自身で損壊(半壊以上)の被災建造物等を業者に費用を支払って解体・撤去した場合、市が費用を償還を行います。

 償還額は、市が算定した基準額が上限になり、解体・撤去に要した費用が全額償還できない場合がありますのでご了承ください。

 なお、市が解体・撤去(公費解体)に着工する前日までに契約した工事が、償還の対象となりますのでご注意ください。

 家屋の一部(外壁・屋根など)のみの解体や家屋の補修改修工事(リフォーム)は本制度の対象となりません。

 

 必要書類一覧(自費解体償還).docx(31KB)

 

添付資料の様式のダウンロードはこちら

 

申請書.xlsx(45KB)

申請書(記載例).xlsx(28KB)

建物配置図.docx(25KB)

建物配置図(記入例).docx(88KB)

委任状.docx(17KB)

委任状 (記入例).docx(40KB)

同意書.docx(30KB)

 

*委任状・同意書(建物所有者等)には実印押印、印鑑証明書の添付が必要になります。

 

○解体業者様へ

 

  自費解体償還に必要な添付書類の中に内訳書がありますが、次の内訳書を使用してくださるようお願いいたします。

  (任意の様式を使用する場合は、次の内訳書の項目ごとの積算がわかるものでお願いします。)

 

内訳書.xlsx(19KB)

内訳書(記入例).pdf(645KB)

 

*当該内訳書を利用していただくことにより、当市での算定事務の短縮を図ることが可能となりますので、建築解体の依頼主様及び解体業者様共々、御協力のほど、よろしくお願いします。

 

○自費解体の申請に必要なマニフェストについて

 

*令和元年台風第19号豪雨災害で被災した家屋等被災建造物の解体・撤去費用申請(自費解体)において、廃棄物の運搬料及び処分料を算出するために、産業廃棄物処分場に搬入した場合はマニフェストの提出をお願いしています。

  しかし、解体工事の元請け業者様が廃棄物を運搬し、自社の処分場に搬入・処分した場合は、運搬や処分を他者に委託していないためマニフェストを交付する義務はありません。

  そのため、解体工事の元請け業者様が廃棄物を運搬し、自社の処分場に搬入・処分した場合は、「廃棄物処分報告書」をマニフェストの代わりに提出してください。

 

廃棄物処分報告書.doc(38KB)

 

○申請受付期間

 

   公費解体:令和2年1月14日(火曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

 

   自費解体償還:令和2年1月6日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

 

   *土、日、祝日を除く、8時30分~17時15分

 

○申請受付場所

 

   千曲市役所廃棄物対策課

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

廃棄物対策課
電話:026-273-1111