千曲市UIJターン就業・創業移住支援事業補助金

2020年6月17日

千曲市UIJターン就業・創業移住支援事業補助金について

目的

市内企業等における担い手不足の解消及び地域課題の解決並びに移住の促進を図るため、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)、愛知県又は大阪府から移住かつ就業した方または長野県の創業支援金の交付決定を受け移住した方に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

交付対象者

移住に関する要件を満たし、かつ、就業または創業の要件を全て満たす方

移住元

 ・住民票を移す直前の10年間のうち、通算して5年以上東京圏、愛知県又は大阪府に在住していること

 ・住民票を移す3か月前の時点において、連続して5年以上就労していたこと(被用者にあっては雇用保険の被保険者として雇用されていたこと)

 ただし住民票を移す直前に、連続して1年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、就労をしていた場合に限る

 

上記の場合において、当該就労の期間の起算日は、住民票を移す3か月前まで遡ることができる

移住先

・移住支援金の交付申請が、移住後3か月以上1年以内であること

・市内に、移住支援金の交付申請から5年以上居住する意思があること    等

就業

・長野県が運営するマッチングサイト(求人サイト)に掲載されている求人に応募し、採用された方

※マッチングサイトはこちら(別サイトへ移動します)

・勤務地が長野県内にあること

・申請者の3親等以内の親族が代表者、取締役等の経営を担う職務を務めている企業等でないこと   等

創業

長野県の創業支援金の交付決定を受けていること

詳しくはこちらをご覧ください(長野県創業支援金のページへ移動します)

支援金の額

区分   支援金の額
単身の世帯 60万円
2人以上の世帯 100万円

補助金の返還

次に掲げるいずれかに該当する方は、返還の対象となります。

全額の返還

・偽りその他不正の手段により移住支援金の交付を受けた場合

・移住支援金の交付申請日から市外に転出し、又は移住支援金の要件を満たす職を辞した日までの期間が3年に満たない場合

・創業支援金の交付決定を取り消された場合

半額の返還

・移住支援金の交付申請日から市外に転出し、又は移住支援金の要件を満たす職を辞した日までの期間が、3年以上5年以内の場合

 

※ただし、次のいずれかに該当する場合は返還を求めない場合があります。

 

・雇用企業等の倒産、災害、病気その他のやむを得ない事情があると市長が認めた場合

・補助金の交付を受けたものが、引き続き市内に住所を有する場合で、移住支援金の交付申請日から1年以上5年以内に移住支援金の要件を満たす職を辞し、かつ、当該職を辞してから3か月以内に移住支援金の要件を満たす別の職に就いた場合

申請様式等

千曲市UIJターン就業・創業移住支援事業補助金交付要綱(クリックすると千曲市例規集の該当ページに移動します)

登録申請書【様式第1号】.xls(41KB)

個人情報の取扱い【様式第1号の2】(29KB)

移住支援金交付申請書【様式第2号】.xls(41KB)

誓約書【様式第2号の2】(33KB)

就業証明書【様式第3号】(29KB)

補助金等交付請求書(37KB)

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

観光交流課
電話:026-273-1111
ファクシミリ:026-273-1921