【新型コロナ】新型コロナウイルス感染症を防ぐために

2020年3月17日

クラスター(集団)発生を防ぐために

クラスター(集団)の発生が確認された場面とその条件

【1】換気の悪い密閉空間

【2】多くの人が密集している

【3】近距離での会話や発声がある

 

*上記、3つの条件が同時に重なっていた場でより多くの人が感染

  この3つの条件が同時に重なる場や場面を予測して、避ける行動をとりましょう。

クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則

《1》換気の励行・・・可能であれば2方向の窓を同時に開ける。

《2》人の密度を下げる・・・会場の広さを確保し、お互いの距離を1~2m程度あける。

《3》近距離での会話や発声、高唱を避ける・・・やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう咳エチケットを行う。

 

*これらに加えて、こまめな手指衛生と咳エチケットの徹底、共用品を使わないことや使う場合の十分な消毒は、感染予防の観点から強く推奨されます。

 

新型コロナウイルスを防ぐためのお願い

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

 

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸
い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触ると
ウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

 

日常生活で気を付けること

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

こんな方はご注意ください

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。

千曲市の「帰国者・接触者相談センター」は、長野保健福祉事務所 電話026-225-9039(24時間対応)です。


詳しくは次ののサイトで覧いただけます。

新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(厚労省サイト)

 

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 

厚生労働省相談窓口電話番号0120-565653(フリ―ダイヤル)受付時間9:00~21:00(土日・祝日も実施)

 

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 FAX 03-3595-2756、長野県FAX026-403-0320

※有症相談の際は、専用(下記)様式をご使用ください。

  様式.pdf(104KB)

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
電話:026-273-1111