鳥よけ爆音機の使用は適切に

2020年8月11日

これから農作物が成長し、実りの季節を迎えます。

スズメやカラスなどの鳥や動物による被害防止のために、やむを得ず爆音機を使用する場合には、周辺の状況を考慮し適切な使用を心がけてください。

また、この時期の爆音機の使用について、地域の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

使用上の注意事項

 

 住居から直線距離で200m未満の位置で使用しない。

  なお、200m離れた位置に設置する場合においても、設置期間を収穫時期等に限定し必要最小限の期間に留める。

 

 ■早朝及び夜間は使用しない。

  原則として日の出から日没までとし、近隣に住居がある場合は、睡眠の妨げにならないよう早朝の時間帯は使用しない。

 

 地形や周辺環境を考慮し、筒先を住宅地に向けない。

 


 

関連ワード

お問い合わせ

農林課
電話:026-273-1111