10月よりロタウイルスワクチンの予防接種が定期接種になります

2020年9月2日

令和2年10月1日より、「ロタウイルスワクチン」の予防接種が定期接種(公費負担)になります。

対象者は、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんで、令和2年10月1日以降に接種するワクチンが対象となります。

 

*令和2年9月30日までにロタウイルスワクチンを任意で接種した場合は、任意接種(自己負担)となりますのでご注意ください。

 

 ロタウイルス感染症(ロタウイルス胃腸炎)とは

 ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳頃)にかかりやすい病気です。水のような下痢、嘔吐、吐き気、発熱、腹痛をおこします。

 ふつう、5歳までにはほとんどの子どもが感染するといわれています。脱水症状がひどくなると入院が必要になることがあります。

5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40%~50%前後はロタウイルスが原因です。

 

接種対象者 

 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん 

※令和2年8月1日~8月31日までの生まれのお子さんは、予診票を個別に送付します。

 令和2年9月1日以降の生まれのお子さんは、誕生日の翌月に送付される「予防接種の綴り」に予診票が入っています。

 

※なお、令和2年9月30日までに任意(自己負担)で接種した場合は、接種した回数を定期接種とみなします。

 母子健康手帳をご確認のうえ、残りの不足回数を接種してください。(※費用は、自己負担となります。)

 

接種期間・回数(間隔) 

ロタウイルスワクチンは、「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類あり、どちらも口から飲むワクチンです。

2種類とも、予防効果や安全性に差はないとされています。

また、接種するワクチンは、必要回数分を全て同一のワクチンで接種する必要があります。

どちらのワクチンの接種を受けるかは、最初に医療機関で相談してください。

 

   ロタリックス ロタテック
接種期間 出生6週0日後から24週0日後まで 出生6週0日後から32週0日後まで

初回接種(標準的な接種)は、生後2か月から出生14週6日後までに受けることが

 推奨されています。

接種回数(間隔) 2回経口接種(27日以上の間隔をあける) 3回経口接種(27日以上の間隔をあける)

※ 初回接種は、出生14週6日後までに接種してください。出生15週0日以降の初回接種はお勧めしていません。

※ ワクチンがうまく飲めなかったり、吐いてしまった場合でも、わずかでも飲み込んでいれば、効果に問題はありませんので、

再度接種する必要はありません

 

 接種方法  

 ●年間を通じて、個別に実施医療機関にて実施しています。(※令和2年10月1日から接種開始)

  持ち物:母子健康手帳・予診票

 

 ※必ず予約をしてから受けてください。

 

 

  ロタウイルスワクチン予防接種実施医療機関一覧表.pdf(71KB)

 

※市外にかかりつけ医療機関がある場合、県内の「予防接種相互乗入れ制度」に参加している医療機関であれば千曲市の予診票を

 利用して接種を受けることができます。

 千曲市への事前申請は不要ですが、接種を希望する医療機関が「予防接種相互乗入れ制度」に参加しているかどうかの確認が必要です。

 参加医療機関は、長野県医師会ホームページでご確認いただくか、千曲市健康推進課予防保健係へお問い合わせください。

 

接種後は「腸重積症」に気をつけましょう。様子が気になったらすぐに受診しましょう。

● 腸重積症は、腸と腸がはまりあう病気で、速やかな治療が必要です。

● ワクチンの接種にかかわらず、3か月~2歳くらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気です。

● ワクチン接種後(特に初回接種後)1~2週間くらいの間は、かかりやすくなると報告されています。

● 次のような様子が一つでも見られるときは、医療機関を受診しましょう。

 □「突然はげしく泣く」

 □「嘔吐を繰り返す」

 □「便に血が混じる」

 □「ぐったりして顔色が悪くなる

 □「機嫌がよかったり悪かったりを繰り返す」

 

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
電話:273-1111(2113)