新型コロナウイルスへの対応に伴う特別支援学校の在校生における就労アセスメントの取扱い

2020年9月15日

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、通常の就労アセスメントで対応が出来ない場合には、臨時的な取扱いを下記の通り実施します。

 

特別支援学校等の在校生が卒業後に就労継続支援B型を希望する場合

学校における作業や実習の結果を、総合記録票・就労アセスメント評価票等により、就労アセスメントと同等の情報や就労面等の課題を市が把握することで、就労移行支援事業所によるアセスメントに代えて対応します。

なお、就労移行支援事業所によるアセスメントが十分に実施できない状況を想定した取扱いですので、すべてをこの取扱いとする必要はありません。

臨時的な取扱いとする期間

令和2年3月31日まで

今後、感染状況により対応を変更する場合があります。

 

アセスメントに関わる評価票は下記エクセル票をご利用ください

(参考様式)総合記録票 就労アセスメント結果票.xlsx(87KB)

出典:「(参考様式)総合記録票 就労アセスメント結果票」 (厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/service/shurou.html)

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉課
電話:026-273-1111