ちくまっこを笑顔に・・・「子ども食堂」への支援をお願いします。

2020年11月5日

1 ガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)の実施

 市では、現在、市内で「子ども食堂」や「学習支援」などを行い子どもの居場所づくりに取り組む団体が、持続的、安定的な運営が可能となるようガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)を実施しています。

 子どもたちの健全育成に大きな貢献ができるこのプロジェクトをご理解いただき、多くの皆さま方のご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

2 子育て世帯の現状

 先ごろ千曲市の子育て中の保護者を対象に子育てに関するアンケートを行いました。

 

(1)子育てについての悩みや気になること

 1 子どもを叱りすぎている気がすること  34.6%

 2 成長・発達に関すること  34.4%

 3 食事や栄養に関すること  30.9%

 4 子どもの教育に関すること  27.8% となりました。

 

(2)市の子育て支援策で特に期待すること

 1 子ども連れでも出かけやすく楽しめる場所がほしい  76.1%

 2 安心して子どもが医療機関にかかれる体制を整備してほしい  44.5%

 3 親子が安心して集まれる身近な場所、イベントを増やしてほしい  32.6% などの割合が高くなっています。


 また、全国学力・学習状況調査の生活習慣の結果からは、「朝食を毎日食べていますか」や「住んでいる地域の行事に参加していますか」の質問に対して、本市では全国の割合を上回る結果となっていますが、毎日朝食をとらない又はとることができない児童の割合が15%程度存在することも事実です。


 子育て中の保護者は、身近な場所に安心して過ごせて子育てについて相談できる場所があることを期待していることがうかがえます。

 

3 ガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)とは

 ガバメント(G)は自治体、クラウド・ファンディング(CF)とは「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、「自治体がインターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことをいいます。

 自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。

 通常のふるさと納税と同様に、寄付金控除を受けることができます。

  

4 寄付金の使い道

 ・地域で「子ども食堂」、「学習支援」を実施する団体へ食材や教材など運営に必要な費用を助成します。

 

 ※目標額に達しなかった場合でも子どもの居場所づくり支援の費用として活用させていただきます。

 

      

 

5 寄付のお申込み方法

寄付については、「ふるさとチョイス」(クリックすると外部サイトへ移動します)からお申込みください。

6 ご協力をお願いします

 千曲市では、地域全体の子どもたちが安心して過ごせるような温かな居場所づくりを進めています。
 今後もちくまっこの笑顔が絶えることなく、地域で安心して過ごせることのできる「子どもの居場所」=「子ども食堂」が持続的、安定的な運営ができるようご支援、ご協力をお願いします。

 

P12.JPG

 

 

                   ~  子育てしやすいまち 千曲市  ~

お問い合わせ

こども未来課
子育て支援係
電話:026-273-1111