【令和3年1月】市政へのご意見・ご提案

2021年5月21日

いただいたご意見(内容及び回答については要約させていただいております)

(仮称)屋代スマートIC設置について

 更埴ICがすぐ近くにあり、屋代地区のスマートIC設置は反対です。

 有料の大型立体駐車場を作って屋根にソーラーを設置する等、車の利便性と収益性を考慮してください。

回答(地域開発推進室)

 (仮称)屋代スマートインターICの設置は、市の第二次総合計画において、現在開発が予定される場所が「広域交流拠点」として位置付けられ、将来都市化をはかる場所であること、そして高速交通網を有効活用し、その場所に交流と産業経済基盤を形成する場所とされることから、その機能強化策として検討に着手したものです。
 現在当該地へのスマートICが設置されることによる効果を、市は以下のとおり5つの「整備効果」として整理しております。

 

  1. 移動の円滑化、物流効率化の支援
    「千曲市産業連携道路ネットワーク構想」の実現(1月の全戸配布資料の3ページ「千曲市産業連携ネットワークイメージ図」参照)
  2. 災害時など緊急輸送への対応
    更埴ICより水害に強く、大規模災害時の物資搬入拠点として機能
  3. 高次救急医療の支援
    東部地区(森、倉科、雨宮地区)からの日本赤十字長野病院、厚生連松代病院への緊急搬送時の時間短縮効果
  4. 周遊型や創作型観光の支援
    戸倉上山田温泉、名月の里姨捨を始めとする市内観光地への利便性向上、都市計画道路「一重山線」供用でその効果はさらに高まる
  5. 広域交流拠点の形成
    将来の屋代地区大規模開発と周辺の機能強化により、スマートICの有効性はさらに向上する可能性がある

 

 以上の整備効果を見込む場合、例えば造成中の産業団地からの車両の流入により相応の交通負荷(渋滞)が発生し、皆様にご迷惑をおかけしてしまいます。
 既存の「更埴IC」接続先の国道18号は現在、県内で有数の渋滞率を示しておりますが、新たなスマートIC設置で分散利用が可能となれば、交通負荷の軽減も期待出来ます。
 開発により発生する渋滞等の解消は重要な課題ですが、その解決策の一つにスマートICの設置も有効であると考えています。
 もちろん設置されることで、「既存の高速道路の有効活用」だけでなく、整備効果に紐づけられる「地域経済の活性化」や「地域生活の充実」などの利便性は市民の皆様も享受できることになります。

 「交通の要衝」である当地域のポテンシャルを更に活かし、住みよいまちづくりを目指すためにスマートICは必要な都市基盤であると考えます。

 

 千曲市循環バスについて

 市の循環バスがなくなり、とても困っているという切実な声を何度も聞いています。経済性や合理性でルートやダイヤ改正をするべきではなく、公共の市内交通だけが頼りで、必要としている人の肉声を聞いてみるべきだと思います。

 循環バスの時刻表を見ると、運行回数が少なすぎて非常に不便です。タクシーを利用して、運行回数を増やし、ルートも利用者にあわせる方式に変えた方がいいと思います。千曲市は人口が少なくバスは不向きです。

 また、高齢者のためだけでなく、すべての年齢層が利用しやすくすることで、体の血流がよくなるように地域活性化につながると考えられます。

 そこで、市内交通についての市民の声を聞く機会を設け、困っている人の切実な声を聞くとともに、現在の経費、利用者数の実態、変更する場合の問題点等を掲示し、広く市民の声やアイデアを募ることを提案いたします。

回答(生活安全課)

 市循環バスのダイヤについては、乗降調査、利用者からの改善に関する切実なご意見、利用者と毎日会話をしているドライバーの意見、地元に入ってのワークショップ等を踏まえて、より利便性の高いバスを目指して毎年改正を行っております。しかし、経済性(運行経費)を無視してダイヤ改正を行うことは、持続可能なまちづくりと相反しており、また、利用者自身の「乗って残す」という思想が失われてしまいます。コミュニティバスが撤退してしまう自治体もあることから、経済性も考慮しながらダイヤ改正を行なっていかなければいけないと考えております。
 タクシーを利用して運行回数を増やし、ルートを利用者に合わせる方式に変えたほうがいいのではというご提案については、先進事例からの試算では現在の運行経費をはるかに上回るという検証結果も生じております。しかし、現行の運行体制も含め、よりよい方法がないか引き続き研究してまいります。
 また、市民の声を聴く機会を設けるというご提案については、前述のとおり、大きなダイヤ改正時には特に地元に入ってワークショップを行い、現在の経費、利用者数、問題点を掲示したうえでご意見を賜っております。
 引き続き、利用者も含めた各方面からのニーズ等を把握し、経済性だけを重視するのではなく、速達性や利便性なども視野に入れ、皆様に寄り添ったバスのあり方を模索してまいります。

 

脳ドック補助に関して

 他市町村では脳ドックへの補助が行われているようです。千曲市でも、脳ドックを補助の対象に加え、人間ドックか脳ドックかを選べるようにしていただけないでしょうか。

回答(健康推進課)

 人間ドック補助金は、生活習慣病の予防、早期発見を目的としていることから、現行の制度では脳ドックの単独受診は補助対象としておりません。
 近年、脳ドックは、介護が必要となる原因として最も高い脳血管疾患を早い段階で発見し、発症を未然に防ぐために有効であることから、受診される方は増加傾向にあり、また検査内容も人間ドックに近い内容にまで充実してきています。
 このような状況を踏まえ、脳ドック単独受診への補助拡大について、来年度中に方向性を出せるよう努めてまいります。

 

ごみ袋チケット購入について

 平日の市役所の開庁時間は会社の勤務時間のため市役所で指定ゴミ袋購入チケットを購入できません。
 別の購入方法を教えて下さい。

回答(廃棄物対策課)

 指定ごみ袋チケットの購入については、誠に申し訳ございませんが、原則、平日の市役所開庁時間に廃棄物対策課窓口にて手続きの上ご購入いただく方法のみとなっております。なお、代理の方のご来庁による購入も可能となっております。
 上記による購入が困難な場合、直接お話を伺い調整させていただきたいと存じますので、廃棄物対策課へ電話でご相談ください。

 

公衆電話の設置について

 公衆電話を設置してください。

回答(総務課)

 公衆電話は、NTT東日本により24時間使用できる場所に設置されており、市内の設置場所については、NTT東日本のホームページにてお調べいただけます。
 市役所敷地内の公衆電話は更埴体育館北側のバス停横に設置しておりますので、閉館時間でもご利用いただけます。

 

ブレイブウォリアーズについて

 ブレイブウォリアーズに練習会場の提供や金銭の支援をしていますが、市税が投入されているだけで、試合を開催しないので経済効果はないです。

 千曲市に何のメリットがあるか数値を用いて説明してください。

回答(総合政策課・観光交流課・スポーツ振興課)

 B1昇格にともない市内での試合数が減少し、経済効果がなくなるとのご指摘ですが、平成24年度bjリーグにブレイブウォリアーズ(以下ウォリアーズ)が初参戦した際に行った経済波及効果調査では、千曲市への経済効果は 1.4億円と試算されております。
 このシーズンの市内(戸倉体育館)での試合数は8試合でしたが、今後も同数程度の試合は開催されると思われますので、リーグ並びにチームの知名度や露出も増えてきている現在では、当時よりも大きな経済効果があると推察しております。
 一方、令和2年度は千曲市からウォリアーズに対して540万円を支出し、様々な千曲市のPR活動をしていただいております。また、大会や練習の会場使用料については、条例に基づき、他団体と同様に頂戴しております。
 ウォリアーズの運営会社は市内にあり、選手の多くが千曲市民です。プロスポーツ選手が身近におり、スポーツをはじめ、地域でのイベントなどを通じて選手と交流できたり、メディアなどを通じて「千曲市」を全国に発信していただけたりする状況は、他の地域にない千曲市の「地域資源」であると捉えております。
 B1に昇格した今季、市では、改めてウォリアーズと連携・協力を確認し、相互の連携を強固なものにしていこうと「地域活性化・スポーツ振興に関する包括連携協定」を締結しており、今後も地域資源であるウォリアーズを活かしたまちづくりをさらに進めてまいりたいと考えております。

 

給付金について

 母子家庭では生活困難です。

 仕事もなくなりコロナの影響で給付金なくしては生活以前に学費も払えません。

回答(こども未来課)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、多くの家庭が少なからず何らかの影響を受けています。
 市では、これまで2度にわたり児童扶養手当受給世帯等への「ひとり親世帯臨時特別給付金」の給付と、児童手当受給世帯等を対象とした「子育て世帯への臨時特別給付金」、「ちくまっこ応援子育て臨時給付金」の給付を行い、子育て家庭を支援してまいりました。
 今後も国県の動向を注視し、市の子育て家庭にとって必要とされる支援策に取り組んでまいります。
 また、市では、ひとり親家庭のみなさんの悩みごとの相談を受けております。暮らしのこと、仕事のことなど一人ひとりに寄り添った支援を行いますのでご相談ください。

 

 お問い合わせ先(代表)026-273-1111

  • 子どもの給付金に関すること こども未来課子育て支援係 内線1251
  • ひとり親家庭の相談に関すること こども未来課こども家庭相談係 内線1261
  • 生活・就労等に関すること 福祉課内千曲市生活就労支援センター(まいさぽ千曲) 内線1281

 

白鳥園をペットが利用できる施設へ

 白鳥園をペットと一緒に入れる温泉にし、周辺の公園はドックラン付き運動公園にしてはいかがでしょうか。

回答(生活安全課)

 この度のご提案なども含め、各地の類似施設の状況について情報収集に努めてまいります。
 なお、「白鳥園隣接の多目的広場」の整備に向けた予算案を、開会中の3月市議会定例会に提出いたしました。市民の集いの場・憩いの場の整備に向け、早期の完成を目指してまいります。
 今後も引き続き白鳥園の利用促進に繋がるご提案をお寄せいただければ幸いです。いただいたご提案は、市並びに指定管理者とともに研究してまいります。

 

目安箱(市政へのご意見・ご提案)と市民課のバック置きについて

 用紙が残り3枚しかなく足りませんでした。もっと置いておいてください。

 市民課に新たに「バック置き」が設置されたことは良いと思います。

回答(秘書広報課)

 「市政へのご意見・ご提案」の用紙不足によりご不便をおかけし申し訳ございませんでした。用紙の在庫数に注意し、少なくなった際には速やかに補充するようにいたします。
 また、バック置きは荷物をお持ちの方でも利用しやすいように設置いたしました。お褒めいただきありがとうございます。

 

不法投棄禁止看板設置のお願いについて

 屋代工業団地の交差点から高速道路沿の小型道路を西に進むところにごみの不法投棄が多いです。通行量が少ないこともあり、ごみを捨てている人がいます。清掃をしても次の週にはごみがあります。不法投棄禁止の看板等の設置が可能であればお願いいたします。

回答(廃棄物対策課)

 不法投棄についてご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。
 また、以前には投棄場所を清掃いただいたとのことで、重ねて御礼申し上げます。
 ご連絡いただきました不法投棄については、早速職員にて現地確認を行い、該当すると思われる場所の不法投棄物を回収するとともに、不法投棄禁止看板を設置いたしました。今後は、定期的に不法投棄監視員によるパトロールを実施いたします。
 なお、ご指摘いただいた場所と本課にて不法投棄禁止看板を設置した場所に相違がございましたら、誠に恐れ入りますが本課までご連絡くださいますようお願いいたします。

 

特定健康診査(集団検診)について

 特定健康診査(集団検診)は、多人数での受診になると思うのですが、おおよそ何人の方が同時に受診エリアに入室するのですか。

 1人ずつ個室での受診ができると安心できるのですが。

回答(健康推進課)

 特定健康診査(集団健診)では、新型コロナウイルス感染症対策として密にならないように受付人数を限定して実施しております。会場や予約状況により受診者人数は変わってきますが、目安として30分間で15~20人としております。また、広い会場を使用し、入り口での検温やアルコール消毒、会場内の換気等も行っております。

 個室での受診をご希望の場合は、市内の医療機関で受診していただける個別健診がありますので、ご検討ください。

お問い合わせ

秘書広報課
電話:026-273-1111