【新型コロナ】長野県「医療警報」の解除

2021年9月14日

長野県「医療警報」の解除について

 

7月の4連休明けから県内では新型コロナウイルス新規陽性者が急激に増加し、医療提供体制への負荷が高まったことから、8月6日には「医療警報」が、さらに8月20日には「医療非常事態宣言」が発出されていたところです。

 

県内の新規陽性者数は、ピーク時(8月17日~23日)には1週間で888人、人口10万人当たりで43.32人まで達しましたが、その後減少に転じ、直近1週間(9月7日~13日)では226人、人口10万人当たりでは11.02人となっています。

 

また、県内の確保病床使用率は一時50%を超えたものの、9月13日現在では18.1%と、医療警報の発出基準である25%を下回っており、新規陽性者数の減少に伴って医療提供体制への負荷が軽減されつつあります。このため、新型コロナウイルス感染症「医療警報」が解除されます。

 

ただし、全県の感染警戒レベル4「新型コロナウイルス特別警報I」は継続となるため、引き続き感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。

 

 

『医療警報』を解除します.pdf(370KB)

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
電話:026-273-1111