【新型コロナ】全県の感染警戒レベル4の解除及び各圏域の感染状況に応じたレベルへの切り替えについて

2021年9月28日

全県の感染警戒レベル4が解除され、長野圏域は感染警戒レベル3「新型コロナウイルス警報」に切り替えられました

長野県では、これまで感染警戒レベルを全県で4とし、特別警報Iの統一的な対策が講じられてきたところですが、新規陽性者数は減少が続き、直近1週間(9月20日~26日)の人口10万人当たりの新規陽性者数は3.85人と全県の感染警戒レベル4の基準である5.0人を下回っており、感染状況が落ち着いている圏域もあります。

 

このため、全県の感染警戒レベル4を解除し、各圏域の感染状況に応じたレベルに切り替えられ、千曲市を含む長野圏域は、感染警戒レベル3の警報、警戒が必要な状態、となっています。

 

感染警戒レベルは下がりましたが、引きつづき感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。

また、新型コロナワクチンの接種につきましても、現在未接種の方におかれましては、今後、接種したいと思ったときにいつでも予約できる状況を提供できないことも考えられます。その効果や副反応についてよくご理解いただき、接種をご検討ください。

 

 

 全県の感染警戒レベル4を解除し各圏域の感染状況に応じたレベルに切り替えます.pdf(374KB)

 

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課
電話:026-273-1111